全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2013年1月号 12月20日発売 
特集 :学校教育を「儲け」の対象にしていいのか?
― 教育における公的責任を問う

 小泉「構造改革」などによる公的部門の規制緩和と新自由主義教育改革によって、教育現場にさまざまなかたちで教育産業が入り込んだり、民間委託化されたりすることで、子どもたちの安心・安全が脅かされています。
 この問題は、学校教育においてどのような課題を生み出しているのか ――。問題点と課題を踏まえながら、子どもの豊かな学びと発達を保障する公教育の役割、教育における公的責任の意味について深め合うために、本特集をご活用ください。
特集:学校教育を「儲け」の対象にしていいのか?
    ― 教育における公的責任を問う
【給食調理員】 調理業務の民間委託システムは教育になじまない猪瀬里美14
【宮城・現業職員】 東日本大震災で再確認した現業職員の役割の大切さ豊田樹也15
【東京・障害児学校】 すみずみまで「コスト・効率」最優先の障害児教育に抗して山口 桂17
【私立学校】 学校の先生が「派遣」!?永島民男19
【保育】 保育の市場化に拍車をかける「新システム」実方伸子24
【教育産業】 学校教育に入り込む教育産業の実態斎藤剛史26
【アメリカ】 アメリカの動向から考える教育における公的責任篠原岳司30
【無償性】 教育の条件整備と財政にかかわる公的責任とは何か世取山洋介33
   
<私の出会った先生58> いっしょに面白がってくれた先生小山内美江子2
<脱原発・反原発の理由4> 人びとの犠牲の上にしか成り立たない原発森住 卓4
<世界の取材現場から見た日本22> 子どもたちに現代史をきちんと教えよう金平茂紀6
【新連載】<データで読み解く 現代社会> 貧困(1) クラスの中の「貧困」はフツー後藤道夫9
<若い先生のための相談室32>
生徒といっしょに「どんなチームをめざすのか」を考えることから

吹上勇人

10
<子どもの本のもつちから25> 嘘を嘘と愉しもう清水眞砂子11
<東日本大震災をおもう18> 原発事故の衝撃小林みゆき12
<子どもたちの生きる世界と向き合う>
【新連載】滋賀・小学校6年の教室から 言葉が紡がれ、声が響き合う教室

石垣雅也

38
<本との対話> 公務員の市民的・政治的自由の確立を加藤健次41
<みんなで学ぶ 女性の権利10> 民間で働く女性労働者は、今竹信三恵子42
<はじめよう。心とからだのメンテナンス10>
過労死・公務災害認定判決を活用しよう その4

佐久間大輔

44
<名画に出会う34> 藤島武二「黒扇」堀尾真紀子46
<この映画 見ましたか?> 「東京家族」吉村英夫47
萩トモローの4コマ漫画 13
     
      
表紙の学校 東京都荒川区立尾久幼稚園


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年10月号 9月20日発売
特集 教育はなぜ無償でなければならないか   
無償教育の現段階と「2018年問題」……三輪定宣(千葉大学名誉教授)
条件付きの「平等」の外で就学支援金制度から排除される朝鮮高校生……柏崎正憲(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会事務局)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.