全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2013年3月号 2月20日発売 
〈3.11〉から2年
  ―― 子どもたちの願いから考える学校・教育のあり方

 <3.11>によって、この国のあり方が問われています。東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から2年が経過しようとしている今、住民本位の被災地の復旧・復興はすすんでいません。被災地・住民本位ではない復旧・復興、原発への固執をつづける政府と、原発ゼロを求める国民世論の激しいせめぎ合いが続いています。
 子どもと学校をめぐる状況も、このせめぎ合いと無関係ではありません。子どもの成長・発達を保障し、その願い・希望をかなえる学校をどのようにつくっていくのか――。これからの学校と教育、地域のあり方を考えるために本特集をご活用ください。
特集:〈3.11〉から2年
    ―― 子どもたちの願いから考える学校・教育のあり方
【インタビュー】 原発や政治のツケを次世代に残さないために金子 勝14
【高校生座談会】 震災・原発事故後に考えてきたこと
髙橋敦浩・菊池透也・小林史依・吉野明日香/齋藤 毅16
【岩手】 被災地で生きる人たちとともにつくる学びと希望佐々木宏記22
【宮城】 被災地の中学生が希求する学校像・生徒像森 達26
【福島】 子どもたちの声を聴きながら「未来」を選び取っていく白木次男29
【教育の課題】 被災地と向き合い、教育を問い直す片岡洋子32
【とりくみ】 東日本大震災・福島第一原発事故以降とりくんできたこと長尾ゆり36
   
<私の出会った先生60> 「生き方から生まれる料理を考えなさいよ」枝元なほみ2
<脱原発・反原発の理由6> 命を傷つけない電気がほしい高遠菜穂子4
<世界の取材現場から見た日本24> 多様性を受け入れる/否定する教育金平茂紀6
<データで読み解く 現代社会3> 貧困(3) 貧困を拡大している学校後藤道夫9
<若い先生のための相談室34> 思いを語り、共感の輪を広げて安達寿子10
<子どもの本のもつちから27> 「いきいきした子ども」って?清水眞砂子11
<東日本大震災をおもう20> 【最終回】 自分のこととして寄り添い続ける鈴木憩子12
<子どもたちの生きる世界と向き合う>
滋賀・小学校6年の教室から(3) 率直に語り合うことで生まれる対話

石垣雅也

38
<本との対話> オルタナティブへの途後藤悠一41
<みんなで学ぶ 女性の権利12> 【最終回】 男女ともに働きやすい職場づくりをめざして小畑雅子42
<はじめよう。心とからだのメンテナンス12>
労働安全衛生委員会は教職員のディーセントワークを高める装置

阿部眞雄

44
<名画に出会う36> バーン=ジョーンズ「フローラ」堀尾真紀子46
<この映画 見ましたか?> 「キリマンジャロの雪」DVD吉村英夫47
萩トモローの4コマ漫画 13
     
      
表紙の学校 宮城県宮城県水産高校


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年7月号 6月20日発売
特集 高校教育に何が求められているか
高校教育はどこに向かうのか?……児美川孝一郎(法政大学)
いま「高大接続改革」で何がねらわれているのか……波岡知朗(全日本教職員組合書記次長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.