全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2018年10月号 9月20日発売 
特集 教育はなぜ無償でなければならないか   
政府が国際人権A規約13条【中等・高等教育無償化】を批准した直後の2013年5月、国連の社会権規約委員会は基本的人権としての「教育への権利」を速やかに確立することを求め、日本政府の報告書提出期限を2018年5月31日に定めました(第4回政府定期報告)。この間、給付奨学金制度は始まったものの、政府は未だに国際公約した完全な「教育無償化」の計画を作らず、政府定期報告の期限も守っていません。
社会権規約委員会が2013年5月17日に示した「第3回定期報告に関する総括所見」は、経済・財政面での無償教育の実現に留まらず、利他的・無償的人格形成も含めた教育条件の具体的な整備を求めています。その範囲もすべての教育段階、朝鮮学校無償化、間接の費用無償化、教職員の地位向上、教育における自治など大きく拡がっています。
これに対して日本の奨学金はすべて学費に充てられ、生活費はアルバイトで稼ぐという大学生も多く存在します。安倍政権が検討している教育の無償化は消費税増税を前提にしたものという深刻な問題も抱えています。
本特集では、ローン化している奨学金や保護者負担の実態を明らかにし、本来、無償教育とはどうあるべきなのかを考える企画としたい。  

特集 教育はなぜ無償でなければならないか                    

無償教育の現段階と「2018年問題」

三輪定宣

16

高校授業料無償化復活、奨学給付金改善を急いで

近藤 満

22

就学援助制度の充実と就学援助実態調査

野口 共

24

教育請願のとりくみと教育費の無償化

大西浩安

26

ほんとうの教育費無償化を!

古澤 望

28

私学にも無償教育を

山口直之

30

高校授業料無償化は平等に

中田初枝

32

「権利としての私学助成」を掲げて

旭丘高校生徒会総務

33

条件付きの「平等」の外で就学支援金制度から排除される朝鮮高校生

柏崎正憲

34

教育の無償を求める運動と課題

波岡知朗

36

 

連載・シリーズ

<私の出会った先生127>学校という居場所が私を育ててくれた

石母田史朗

2

<世界の取材現場から見た日本91>コミュニケーションを根源的に変えたSNSといじめの関係

金平茂紀

4

<授業で憲法を語ろう>社会の先生じゃなくても憲法を語ろう

田中光則

7

<保護者と手をつなぐためのヒント⑦>ロールプレイングが意味を持つ

小野田正利

8

<実践につなぐ子ども理解⑦>親の言葉から、「託された」ねがいをくみとる

竹沢 清

10

<栄養教諭のお手軽レシピ43「美味だれ焼き鳥丼

猪瀬里美

12

<一冊の本に出会う⑲>孤独から自然との共生へ

横山眞佐子

13

4コマ漫画> 萩トモロ―の4コマ漫画

萩トモロー

14

<子どもたちの生きる世界と向き合う>家を出たくて全寮制に

鷲津康子

40

<シリーズ改訂学習指導要領⑰外国語科における問題点

土屋 博

43

<先生が先生になれない世の中で⑦>仕組まれた議論の呪縛に自らハマっていく私たち

鈴木大裕

45

<名画に出会う103>関根正二 「子供」

堀尾真紀子

46

<この映画 見ましたか?>「ブレス あわせの呼吸」

海南友子

47

 



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年10月号 9月20日発売
特集 教育はなぜ無償でなければならないか   
無償教育の現段階と「2018年問題」……三輪定宣(千葉大学名誉教授)
条件付きの「平等」の外で就学支援金制度から排除される朝鮮高校生……柏崎正憲(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会事務局)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.