全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2019年2月号 1月20日発売 
特集 いかせ、学校現場の声-教職員の働き方を考える-   
2018年通常国会で働き方改革関連法が成立し、中央教育審議会「学校における働き方改革」特別部会でも、教職員の長時間過密労働について議論が進行中です。期待されるのは、教師がゆとりをもっていきいきと働けるようにするための改革ですが、学校現場の実態を踏まえないまま、1年単位の変形労働時間制の導入が検討されるなど、見かけ上の長時間労働縮減に留まる懸念が広がっています。
 そもそも、政府がめざしているのは改訂学習指導要領を着実に実施させるための働き方改革です。文科省が取りまとめた「緊急対策」(2017年12月26日)では、「学校や教師・事務職員等の標準職務を明確化し、各教育委員会の学校管理規則に適切に位置づけられるようモデル案を作成・提示する」としています。教職員定数増、少人数学級の推進、授業の持ち時間数削減などの施策がないもとでは、教職員が子どもたちに向き合う時間を確保できるようになりません。
本特集では、教職員一人ひとりが自らの専門性を発揮し、子どもとしっかり向き合える時間を確保した学校を築いていけるよう教職員の働き方を考える企画としたい。
 

特集 いかせ、学校現場の声-教職員の働き方を考える-

                           

【対談】ゆきとどいた教育のために-多忙化解消のために求められる視点-

勝野正章

米田雅幸

16

あなたの声を届けます

岩田高明

22

負担軽減は職場から

森山敏晴

24

職員室を変えるTKプロジェクト

中川由美

26

障害児学校での長時間労働

垣見尚哉

28

仕事とプライベートのバランスとしての「研究日」

石川秀和

30

未来の教育のために何ができるか

工藤祥子

32

教職員定数の改善等で、教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を

小畑雅子

34

 

連載・シリーズ

<私の出会った先生131>教育現場は自由な議論をおこなう権利を持っている場である>

中津留章仁

2

<世界の取材現場から見た日本95>過去に「あったこと」を「なかったこと」にはできない

金平茂紀

4

<授業で憲法を語ろう>保健室からの願い

國保いずみ

7

<保護者と手をつなぐためのヒント⑪>エコロジカル・マップで見立てる

小野田正利

8

<実践につなぐ子ども理解⑪>気になる行動から「屈折した形での」その子の本当のねがいを読み解く

竹沢 清

10

<栄養教諭のお手軽レシピ47>「かりかりきなこ豆」

大場恭子

12

<一冊の本に出会う㉓>こんな先生に出会えたら

横山眞佐子

13

4コマ漫画> 萩トモロ―の4コマ漫画

萩トモロー

14

<教育最前線>国立大学附属学校の現状と課題

黒川陽司

39

<子どもたちの生きる世界と向き合う>10年目の再開で

濱田里美

40

<シリーズ改訂学習指導要領㉑>職業に関する教科①

林萬太郎

43

<先生が先生になれない世の中で⑪>教員の働き方改革を、「学習権の保障」という視点から考える

鈴木大裕

45

<名画に出会う107>小倉遊亀 「径」

堀尾真紀子

46

<この映画 見ましたか?>「シシリアン・ゴースト・ストーリー」

海南友子

47

 



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年2月号 1月20日発売
特集 いかせ、学校現場の声-教職員の働き方を考える-   
【対談】ゆきとどいた教育のために-多忙化解消のために求められる視点-
……勝野正章(東京大学)×米田雅幸(全教)
未来の教育のために何ができるか……工藤祥子(神奈川過労死等を考える家族の会代表)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.