全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシーお問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2010年7月号 6月25日発売
特集 : 教育費無償化を前進させるために―子どもの権利・教育を受ける権利から考える「子どもの貧困」
 今月号の特集では、4月1日からスタートした公立高校の授業料無償化など、長年の運動と世論が状況を動かしつつある「教育費無償化」についてとりあげました。
 これまでの「教育の自己責任」「受益者負担」論のもとでの教育政策が大きく動いた一方で、授業料以外の高すぎる教育費、私立学校の就学支援金、給付制奨学金など、残された課題も少なくありません。
 公立高校の授業料無償化を大きな一歩として、さらに前進させるために、未だ積み残された課題を析出し、これからの運動・とりくみをつくっていくために活用していただきたい特集です。


2010年6月号 5月25日発売
特集:教師としての成長―教員養成・研修はどうあるべきか
 今月号は、「教師の成長を支える教員養成・研修はどうあるべきか」、ということをテーマの軸に据えて、多角的な視点から教員養成・研修を考える特集です。
 政府は、教員養成・研修制度の見直しについての検討を始めていますが、教員免許更新制の廃止をいつおこなうのかを含めて、見直しの全体像はいまだにはっきりしません。
 そんな中、現場教員はどんな学びの場や研修の機会を求めているのか、今日求められる教員養成とは何か、国際的な視野から見た教師の専門職性のあり方とは――現場から声をあげていくための手がかりとなる特集です。


2010年5月号 4月25日発売
特集:保護者とつながってつくる学校・教育
 今月号の特集は、「保護者とつながってつくる学校・教育」と銘打って、さまざまな場で保護者とのつながりを豊かにつくっている現場教員の実践・とりくみ、保護者・PTAの役員としての立場から学校づくりにかかわる思いを寄せていただきました。
 子どもたちの前にさまざまな困難が立ちはだかる今日だからこそ、教職員が保護者・地域とつながりをもちながら、子どもの成長・発達を保障する実践・とりくみをおこなうことが求められます。
 さまざまなとりくみをすすめるためのひとつの道しるべとなる特集です。


2010年4月号 3月25日発売
特集:教師になったあなたへ2010
 今月号の特集は、「教師になったあなたへ2010」。
 たくさんの希望と不安を胸に教師になったみなさんに贈る特集です。
 作家・あさのあつこさんによる「教師になったあなたへ」贈るメッセージ、ちょっと先輩たちから、そしてベテランの先生から贈られるアドバイス。
 あなたはひとりじゃない。子どもたちがいて、仲間がいる。読めば元気がわいてくる特集です。


2010年3月号 2月25日発売
特集 平和な未来を子どもと拓く


2010年2月号 1月25日発売
特集:子どもたちの文化は、いま —ネット・表現・つながり


2010年1月号 12月25日発売
特集:どう見る? 新政権と日本の教育


2009年12月号 11月25日発売
特集:STOP!教職員の長時間過密労働


2009年11月号 10月25日発売
特集:待ったなし! 教育費無償化


2009年10月号 9月25日発売
特集:「教員の地位勧告」を教育にいかそう

129記事 最近の号 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] 過去の号
子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年12月号 11月20日発売
特集 学校という職場の魅力とは    
学校という職場の魅力とは……久冨善之(一橋大学名誉教授)
教職員の長時間過密労働を解消し、魅力ある職場に……米田雅幸(全教生権・法制局)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.