全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【談話】2007/05/11
『改憲手続法案の委員会採決強行に抗議する』
2007年 5月11日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男

 与党は本日午後5時50分、参議院憲法調査特別委員会において改憲手続法案の採決を強行しました。
 慎重審議を求める国民の声を無視して採決を強行した自民、公明の与党に怒りを込めて抗議するものです。また、採決に手を貸した民主党に対しても強く抗議するものです。

 この法案は、そもそも憲法改悪のためのものであり、この間の審議を通じて、憲法改悪をやりやすくする法案の本質があきらかになっています。最低投票率を定めない問題、公務員と教職員の運動抑制、有料広告が野放しにされる問題など、国の最高法規にかかわる手続きとして解明されなければならない数多くの問題が残されています。重要法案の審議で慣例となっている中央公聴会も開かず、委員会での採決を行うことは断じて許されません。
 民主主義を蹂躙し、国民主権を空洞化させる強行の背景に、アメリカの求めに応じて「戦争する国」づくりをすすめる安倍自公内閣の追い詰められた姿を見ることができます。
 私たちは、改憲手続法案の参議院本会議での可決を許さないために、たたかいを強化するとともに、憲法改悪を許さない国民的な運動をさらに発展させる決意を表明するものです。
 
 
以上


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年3月号 2月20日発売
特集 3・11から9年、「復興」を問う―被災地と子どもたちからの発信
フクシマは、本当に「復興」しているといえるのか?……安斎育郎(立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長)
こんなことは「二度と誰にも経験させたくない」―福島原発訴訟原告団長の中島孝さんに聞く
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.