全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【談話】2007/04/13
『衆議院本会議での自民・公明両党による国民投票法案=改憲手続き法案の強行採決に強く抗議する』
2007年 4月13日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男

一、本日、自民・公明の両与党は、拙速を避け徹底審議をもとめる圧倒的な国民世論を無視し、憲法9条改悪の条件づくりである国民投票法案=改憲手続き法案の採決を強行した。全日本教職員組合は、自民・公明の両与党による暴挙に対し、怒りをこめて強く抗議する。


一、そもそも、審議されている国民投票法案=改憲手続き法案は、「日本が海外で戦争できる国」をめざし憲法9条改悪を目的とするものであり、とうてい容認できるものではない。しかも、多くの国民が賛否の違いをこえて慎重かつ徹底した審議をもとめていたにもかかわらず、安倍首相の「今国会中に何が何でも成立を」との号令による党利党略によって強行採決を行ったものであり、断じて許すことはできない。
 
一、さらに、今回の国民投票法案=改憲手続き法案は、憲法改悪を推進する勢力に有利となるよう、不公正・非民主的な仕組みがさまざまな形で盛り込まれている。第1に、最低投票率の定めがなく、国民の1~2割の賛成でも憲法を変えることができるようになっている。第2に、教育者・公務員が国民投票運動にかかわることに制限がかけられている。これは、憲法遵守義務を負い、憲法について積極的に論じる立場にある教職員の基本的人権を踏みにじろうとするものである。第3に、財力をもつ改憲派に有利な有料意見広告が野放しになっており、財界をはじめとする改憲派による世論誘導の危険がある。こうした民主主義と基本的人権を蹂躙し、改憲のハードルを下げる法案は、廃案にするしかない。
 
一、いま、憲法9条を守るとりくみが各地でひろがっている。それを反映し、最近の憲法改悪に反対する国民世論は前進的変化を示している。私たち全日本教職員組合は、憲法に背く教育改悪3法案や全国一斉学力テストに反対するたたかいと結合し、憲法改悪反対をもとめる多くの国民とともに、改憲につきすすむ安倍内閣の本質と法案の問題点を暴露し、参議院で国民投票法案=改憲手続き法案を廃案に追い込むため全力で奮闘するものである。
 
 
以上


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年6月号 5月20日発売
特集 権利としての障害児教育―すべての子どもたちに豊かな学びを
一つ一つの峰を越えてきたから、今の困難・課題がある……竹沢清(あいち障害者センター)
障害児教育の劣悪な教育条件の実態と私たちの課題……佐竹葉子(全教障害児教育部長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.