全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【抗議】2007/02/01
『柳澤厚生労働大臣の「暴言」に抗議し 即時罷免を要求する』
 全教は、柳澤厚生労働大臣が1月27日「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとはひとり頭で頑張ってもらうしかない」と発言したことを受け、安倍晋三内閣総理大臣に対し大臣の罷免を求めました。


2007年 2月 1日
 
内閣総理大臣 安倍 晋三 様
  
全日本教職員組合
中央執行委員長 石元 巌

柳澤厚生労働大臣の「暴言」に抗議し 即時罷免を要求する

 1月27日、柳澤伯夫厚生労働大臣は、島根県松江市内で開催された集会で、「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとはひとり頭で頑張ってもらうしかない」と発言しました。これは、女性を出産のための道具とする人権否定の発言です。また、教育基本法の改悪で「男女共学」が削られるなど、男女特性論が強まるもとで、戦時中、国策として女性が子どもを生むことを奨励した時代を思わせるものです。
 私たちは、憲法、「子どもの権利条約」にもとづき、一人ひとりの子どもたちを尊重し、教育活動をすすめていますが、教育の現場においても「人間を道具」にたとえることは、許されるものではありません。また、今回の発言は、「少子化」の原因を女性の責任に転嫁するなど、厚生労働大臣としての資格にかかわる重大な問題であり、「発言訂正」や「おわび」ですむ問題ではありません。働く女性の約7割が出産を機に離職を余儀なくされ、待機児童を解消できない保育政策など女性が働きつづけることが困難な状況は改善されていません。教職員の現場においても若年退職の増加が問題となっております。これらの状況の改善こそ、政府や厚生労働省が取り組むべき課題であり、安心して子どもを産み育てられる、働き続けられる環境をつくることこそが必要です。
 今回の発言に強く抗議し撤回を求めるとともに、ただちに厚生労働大臣としての職を辞することを求めます。さらに今後政府として、男女平等、女性の地位向上、仕事と生活を両立させ人間らしく働くための環境整備に全力でとりくむことを要求します。
 
 
以上


《関連項目》

■全教のとりくみ
【大会】2012/02/18~19 父母・国民とともに憲法に立脚した民主教育を 全教第29回定期大会を開催
【会議】2011/10/14 全教第43回中央委員会開催
【集会】2010/06/09 2010年度全国女性教職員学習交流集会 in OSAKA の開催案内

■声明・見解・談話
【要請】2010/01/05 女性差別撤廃、男女共同参画などに逆行する府提案と知事発言の撤回を求める要請
【抗議】2007/02/07 『柳澤厚労相を擁護しつづけることに抗議し、罷免を求めます』
【抗議】2007/01/30 『女性の人権を傷つける暴言に抗議し、撤回と辞任を求めます』

■専門部のとりくみ
【女性部】2012/02/10 2012春闘勝利!女性の春闘菜の花行動
【女性部】2012/02/16 女性部いきいきニュース268号 2012春闘勝利!女性の春闘菜の花行動
【女性部】2012/01/27 女性部いきいきニュース267号  第37回女性部委員会で2012春闘方針を確立
【女性部】2011/11/28 女性部いきいきニュース266号 確定交渉の中で母性保護、両立支援の前進を
【女性部】2011/11/22 女性部いきいきニュース265号 2011年度女性部文部科学省交渉実施

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年4月号 3月20日発売
特集 教師になったあなたへ2019    
教師として生きるあなたへ……中嶋哲彦(名古屋大学)
ともに学び合う仲間に……檀原毅也(全教書記長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.