全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【談話】2011/05/02
「地域主権改革」関連3法案の成立に対する書記長談話
全日本教職員組合は、2011年5月2日、『「地域主権改革」関連3法案の成立に対する書記長談話』を発表しました。



「地域主権改革」関連3法案の成立に対する書記長談話


2011年5月2日
全日本教職員組合(全教)
書記長 今谷賢二

1.「地域主権改革」関連3法案は、4月28日、「地域主権改革」の文言を削除するなどの修正のうえ、民主、自民、公明、社民各党の賛成多数で可決され成立しました。この法案は、「地域主権改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案」「国と地方の協議の場に関する法律案」「地方自治法改定案」を一括したもので、昨年3月に国会に上程され参議院で十分な審議もなく採決された後、衆議院に送付されたものの審議がされないまま継続審議扱いされて今国会に送られてきたものでしたが、4月末になって民主・自民党などの合意により、衆参わずか2日間の審議で採決が強行されました。

2.この一括法案は、憲法に基づき福祉や教育条件の最低基準を保障すべき国の責任を投げ捨て、規制緩和をいっそう押し進めるものです。「義務付け・枠付けの見直し」については、41の法律、121条項の改定が含まれており、福祉・医療・保育・教育条件の水準を確保するために国が基準を決め、必要な予算を国が負担するしくみを崩し、地方自治体の判断で基準を緩和することを可能にしています。教育分野では、へき地学校等の指定や手当額の基準、市町村立幼稚園の設置廃止の認可などについての見直しが含まれています。へき地手当等の基準の条例委任は、へき地学校等の級を指定する基準とへき地手当を定める基準などについて、文部科学省が省令で定めた基準に縛られずに都道府県が自らの判断で決定できることにするもので、財政支出の縮減のために、へき地級地やへき地手当率の引き下げがすすめられる危険があります。また、幼稚園の設置認可を事前届出については、学校の設置廃止、設置者の変更について都道府県教育委員会の「認可を受けなければならない」対象から、市町村(政令指定都市を除く)が設置する幼稚園を削除するもので、政令指定都市以外の市町村でも、財政状況や首長の考えにより幼稚園の廃止や民間委託などがいっそう進行する危険があります。

3.菅内閣は、昨年6月に閣議決定した「地域主権戦略大綱」に基づき、一括交付金の一環として地域自主戦略交付金要綱を4月1日に施行し、「義務付け・枠付け見直し」をいっそう押しすすめる第2次関連法案を4月5日に国会に提出しました。今後、基礎自治体(区市町村)への権限委譲、国庫負担金・補助金の「一括交付金」化を含む「国のかたちの一大改革」を自民党などと一体となってすすめようとしています。この延長線には、財界の要求する「道州制」、大阪府の橋本知事や名古屋市の河村市長がねらう首長の執行権限を強化があります。こうした「改革」により、教育関係でも、学校設置基準の緩和、教職員の人事権の区市町村への移管、私学助成からの国の責任放棄などがねらわれています。
全教は、福祉や教育条件のナショナルミニマムを保障すべき国の責任放棄をねらう「地域主権改革」に反対し、国の責任による30人学級実現など、教育の条件整備や福祉・医療・保育など社会福祉に対する国の責任の明確化を要求します。また、福祉・教育を国民に保障するための国の財政保障を放棄する「一括交付金」化に反対し、義務教育費国庫負担金などナショナルミニマムを保障するための財源確保を要求するとともに、地方自治体が子どもたちと地域の実情に沿った教育条件を拡充することのできる新たな財政措置を求めるものです。

以上



《関連項目》

■全教のとりくみ
【交渉】2012/12/03 文科省・総務省に学校司書の配置など学校図書館の充実を要求
【要請】2012/03/28 文科省に「武道必修化」を押しつけないことを求め、申し入れ
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【交渉】2012/2/27 学校図書館職員対策部が学校司書の配置拡大で文部科学省と交渉(2/27) 学校司書配置の地方財政措置は全自治体が対象
【大会】2012/02/18~19 父母・国民とともに憲法に立脚した民主教育を 全教第29回定期大会を開催

■声明・見解・談話
【見解】2012/09/13 2013年度政府予算に対する文部科学省概算要求に対する見解を発表
【声明】2012/01/12 「2012年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」(声明)を発表
【談話】2011/12/13 「第179回臨時国会の閉幕にあたって」全教書記長が談話
【声明】2011/01/07 全教中央執行委員会声明「2011年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」を発表
【声明】2010/12/21 全教声明「国の制度として小学校1年生の35人学級実現へ! この間の運動を確信に、すべての子どもの成長と発達を保障する教育の前進を」を発表

■専門部のとりくみ
【養護教員部】2012/06/14 2012年度養護教諭の定数増を求める要求署名を提起!
【学校図書館職員対策部】2011/01/17 読書のつどいin岡山に全国から187人 図書館に「専任・専門・正規の司書の配置を」と、実践と運動を交流

■署名・ビラ・資料
【署名】2010/07/15 教員免許更新制の即時廃止を!―署名を大きく広げましょう
【署名】2010/02/26 ▼ご協力ありがとうございました。子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名は文科省に提出しました。

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年9月号 8月20日発売
特集 「学ぶって楽しい」を広げたい
学ぶ楽しさを求めつづける子どもと先生たちへ……小佐野正樹(科学教育研究協議会)
「学ぶって楽しい」を広げるための条件整備を……糀谷陽子(全日本教職員組合中央執行委員)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.