全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【アピール】2013/10/22
勤務実態調査2012

全教は「勤務実態調査2012」の最終報告を発表しました。

写真(勤務実態調査アンケート)


 全教は、201310月1718日に開催した第48回中央委員会において、昨年101日~7日をゾーンとしてとりくんだ「勤務実態調査2012」の最終報告を発表しました。  このとりくみは全国39都道府県、6879人から寄せられた調査結果にもとづきまとめたものです。

 集約数が最も多かった「教諭等」(フルタイム再任用を含む)では、一ヵ月の平均時間外勤務時間は72時間56分、持ち帰り仕事時間は22時間36分となっています。意識調査では、「仕事のやりがい」を感じているとする回答が81.5%ある一方で、「授業準備の時間が足りない」と感じているとする回答が75.8%、「行うべき仕事が多すぎる」とする回答が84.6%などとなっています。

全教は「勤務実態調査2012」で明らかになった教職員の時間外勤務時間の実態にもとづき、国および都道府県、市区町村、職場などあらゆるレベルでの交渉と協議、懇談などのとりくみを通じて、長時間労働解消にむけた運動の前進をめざします。

 

HP勤務実態調査2012概要.pdf

 



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2016年10月号 9月20日発売
特集 教師の専門職性を問い直す 
教師にふさわしい専門職性教員養成…… 馬場久志(埼玉大学)
教師の専門職性から中教審・教員資質能力向上策を問う…… 中村尚史(全教教育文化局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.