全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話  項目 
声明・見解・談話
【アピール】2020/07/07
子どもたちの成長・発達を保障し、いのちと健康を守るため、「20人学級」を展望した少人数学級を実現しよう
 
   全教は7月3日、「緊急アピール」を発表し、新型コロナウイルス感染拡大のもとで、子どもたちの成長・発達を保障するとともに、いのちと健康を守るため、国に対して緊急に20人程度で授業ができるように、教職員定数増を求めました。


 各学校は、新型コロナウイルス感染拡大による臨時休業中や学校再開への移行段階で「3密」を避けるためにクラスの1/2程度で授業ができる分散登校や時差登校を行いました。20人程度で授業を受けた子どもたちからは「いつもより勉強がよくわかった」「手を上げやすかった」などの声が聞こえ、教職員から「ゆとりをもって子どもたち一人ひとりと丁寧にかかわることができた」、保護者から「感染から子どもを守るには20人くらいがいい」などの肯定的な声が上がりました。

 「コロナ」を契機に、国の責任で、いまこそ「20人学級」を展望した少人数学級の前進させるべきです。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
新型コロナウイルス感染症 全教のとりくみ
3000万署名はこちら
めざせ20学級
動画:学習資料
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年12月号 11月20日発売
特集 インクルーシブ教育 「共に学ぶ」を考える
社会構想としてのインクルージョンと障害者権利条約の教育理念……越野和之(奈良教育大学)
スウェーデンの教育改革からインクルーシブ教育を考える……品川文雄(発達保障研究センター)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.