全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話 
声明・見解・談話
【談話】2007/04/09
『戦争と歴史の事実をゆがめ、子どもたちから真実を学ぶ権利をうばう、「政治的教科書検定」をただちに中止するよう要求します――2006年度高校教科書の検定結果についての日高教談話――』
 日高教は、文科省が3月30日、2008年4月から高校2年生以上が使用する教科書の検定結果を公表したことについて、談話を発表しました。

 談話は、日本史教科書について、「太平洋末期の沖縄戦の際に、各地でおこった住民の『集団自決』について、日本軍によって『地いられた』『強制された』『追い込まれた』とする記述を修正させるという重大な事態が明らかになった」と述べ、さらに、「自衛隊派遣やイラク戦争、靖国参拝問題などに対しても、憲法との関連を指摘する記述に対して、政府側の主張・見解に沿うものに書き換えさせた」と問題を指摘。「今回の検定でも、政治判断によって政府見解を一方的に記述させる検定が権力的に行われたことは明白」と述べ、「文部科学省が戦争と歴史の真実をゆがめる姿勢を根本からあらため、憲法違反の教科書検定をただちにやめるよう強く要求する」としています。
 

2007-04-09 00:00:00

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年7月号 6月20日発売
特集 高校教育に何が求められているか
高校教育はどこに向かうのか?……児美川孝一郎(法政大学)
いま「高大接続改革」で何がねらわれているのか……波岡知朗(全日本教職員組合書記次長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.