全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話 
声明・見解・談話
【談話】2013/10/2
消費税の増税「決定」に抗議し、撤回を要求―全教が書記長談話を発表
 101日、安倍首相が消費税を20144月から8%に増税することを発表したことを受けて、全教は、「国民の声を無視し、国民生活を破壊する消費税増税は撤回せよ!」と訴える今谷賢二書記長の談話を発表しました。

【談話】2013/9/18
原発稼働ゼロにあたって「今こそ、原発ゼロの日本へ!」―全教が書記長談話を発表

  915日、大飯原発4号機が定期検査のために停止し、日本は再び稼働している原発がゼロの状態になりました。全教は、この稼働ゼロにあたって「今こそ、原発ゼロの日本を!」と訴える今谷賢二書記長の談話を発表しました。

添付ファイルなし


【談話】2013/9/4
2014年度文部科学省概算要求について――全教が書記長談話を発表
  全教は、2014年度政府予算に対する文部科学省概算要求について、今谷賢二書記長の談話を発表しました。


【声明】2013/8/8
2013年人事院の給与改定見送りについて――全教が声明を発表
 2013年人事院の給与改定見送りについて、全教が中央執行委員会声明を発表しました。

【談話】2013/8/6
麻生副総理・財務相のナチス肯定発言に抗議--全教が書記長談話を発表

全教は、86日、麻生副総理・財務相のナチス肯定発言に抗議し、閣僚辞任を求める今谷賢二書記長の談話を発表しました。

談話では、麻生発言について、「ナチス政権を例示したこと」が問題ではなく、「ナチス政権とその歴史的な罪悪を正当化すること許しがたい発言」だと指摘し、閣僚辞任、安倍首相による罷免を求めています。さらに、談話では、麻生副総理の発言は「二重の意味で許されない」と指摘し、ナチス政権とそのもとでのナチズムを肯定していること、立憲主義の基本原則へのあまりの無理解にもとづいての発言であることを批判しています。



【声明】2013/8/6
教科書採択への教育行政による不当な介入に抗議する     ―― 全教が東京・大阪・神奈川の事態に抗議の声明
  全教は、「東京、大阪、神奈川における教科書採択への教育行政の不当な介入に断固抗議する」とする中央執行委員会声明を発表しました。声明は、これらの都府県教育委員会が、実教出版の日本史教科書について、「都教育委員会の考え方と相いれない」(東京)などとする委員会決議、「見解」などによって、各学校で自主的に選定した教科書を変更させられる学校も出るなど重大な事態を招いていることに厳しく抗議しています。

【談話】2013/7/29
参議院選挙の結果を受けて―― 全教が書記長談話を発表

全教は、723日、参議院選挙の結果を受けて、今谷賢二書記長の談話を発表しました。

談話では、参議院選挙の結果を分析し、「議席数の変化以上に、有権者が引き続き、新しい政治の実現を求め、探求する過程にあることは明らか」と指摘しています。そのうえで、「全教は、当面の2014年度政府予算に対する概算要求のとりくみに全力をあげ、国の責任による少人数学級の前進、教職員定数の抜本的な改善とそのための計画策定、「高校無償化」の維持・拡充など参議院選挙闘争でかかげた教職員の切実な要求の実現をめざす運動を強化」する決意を明らかにしています。

 



【談話】2013/6/25
「子どもと教育の立場に立った「いじめ」問題への真摯な対応こそが求められる」とする書記長の談話を発表

  全教は、625日、自民、公明、民主、維新、みんな、生活の6党が共同で提出した「いじめ防止対策推進法」の成立にあたって子どもと教育の立場に立った「いじめ」問題への真摯な対応こそが求められる」とする今谷賢二書記長の談話を発表しました。



【談話】2013/05/21
拙速な法制化ではなく、子どもと教育の立場に立った真摯な議論を ― 全教が「いじめ」対策、防止に関わる法案の国会提出にあたって談話を発表

全教は、521日、「いじめ」対策、防止に関わる法案の国会提出にあたって、「拙速な法制化ではなく、子どもと教育の立場に立った真摯な議論を」とする今谷賢二書記長の談話を発表しました。



【声明】2013/05/15
全教中央執行委員会が「「慰安婦」問題など人間の尊厳を踏みにじる橋下大阪市長の発言に断固抗議し、その撤回と謝罪を強く求める」声明を発表

全教は、515日、橋下大阪市長(日本維新の会共同代表)による「慰安婦制度というものが必要なのは誰だってわかる」などとした発言に抗議し、その撤回と謝罪を求める中央執行委員会声明を発表しました。声明では、橋下市長による発言について「女性の人権、人間の尊厳そのものを踏みにじるものであり、到底許されるものではありません」と指摘しています。


347記事 最近の記事 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年6月号 5月18日発売
特集 子どもたちが輝く特別活動-教科外活動の魅力    
特別活動と改訂学習指導要領……春日井敏之(立命館大学)
生徒が主体となってとりくみ学校づくり……杉原大司(高校教員)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.