全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 署名、ビラ、資料  署名・ビラ 
署名・ビラ
【ビラ】2010/04/13
あなたの働き方を考えてみませんか!

このリーフレットを活用して、職場でのいのちと健康を守る活動を推進しましょう!
 
100413leaf1
100413leaf2
Download Now
働き方リーフ:あなたの働き方を考えてみませんか!.pdf

【署名】2010/04/12
新しい教職員定数改善計画に向けて学校栄養職員・栄養教諭の一校一名の配置を求める署名を広げよう

 学校栄養職員・栄養教諭は、安全性に配慮し、日本の食文化を大切にしながら、子どもたちの成長・発達を保障する豊かな学校給食が実施できるよう努力を重ねてきました。「安全で豊かな学校給食を実施してほしい」「きめ細かな食の指導を充実してほしい」「食物アレルギー等、個人の課題に対応した給食を実施してほしい」という願いは、保護者や教職員の中で大きく広がっています。ところがこうした願いを、兼務の拡大や臨時職員の配置で解消しようとする地域が増えていることは問題です。学校給食や食育を充実させるためには、一校一名の学校栄養職員・栄養教諭の配置が急務です。

 文部科学省は、2011年度の予算に向けて教職員の定数改善計画の策定をすすめようとしており、今年度の署名はこれまでにも増して重要となっています。父母・教職員をはじめ多くの人に広げましょう。
 
Download Now
学校栄養職員・栄養教諭の一校一名の配置を求める要請署名.pdf

【ビラ】2010/01/18
セクハラ・パワハラをなくして人権が尊重される職場を!

セクハラ・パワハラをなくして人権が尊重される職場を!

image1
image2

Download Now
セクハラ・パワハラをなくして人権が尊重される職場を!.pdf

【署名】2009/12/08
「教育無償の実現を求める国会請願」署名のとりくみ
 全教事務職員部も参加する「無償教育をめざす学校事務職員の会」が「教育無償の実現を求める国会請願」署名にとりくんでいます。


添付ファイル:署名用紙のPDF

Download Now
20091208112819_10.pdf

【署名】2010/02/26
▼ご協力ありがとうございました。教員免許更新制の2009年度からの実施の凍結を求める要請署名は文科省に提出しました。
『教員免許更新制の2009年度からの実施の凍結を求める要請書』 
 
 全教は、重大な問題を持っている教員免許更新制は廃止すべきとの立場をとっています。同時に、現時点でも多くの問題点があらわれている教員免許更新制を、2009年度から無理やり実施すれば、必ず現場に混乱を引き起こし、子どもの教育に否定的影響を与えることは目に見えていることから、当面する2009年度実施の凍結を求めています。
 要請署名へのご協力をお願いします。

※ 記名いただいた署名は、たいへん恐縮ですが下記全教宛に郵送してください。署名は全教本部と教組共闘事務局が責任を持って提出します。なお、署名された個人情報に関しては、どのような形態でも署名提出先以外の他者に提供することはありません。
 
 〒102-0084 東京都千代田区二番町12-1 全国教育文化会館3階 全教宛




 
添付ファイル: 署名:『教員免許更新制の2009年度からの実施の凍結を求める要請書』のPDF(表) (裏) 
 
 署名の名称:『教員免許更新制の2009年度からの実施の凍結を求める要請書』
 集約日:第1次集約 8月末日 / 最終集約 10月10日 
 




<要請趣旨>

 2007年6月、政府・文部科学省は、現場教職員の多くの反対の声を押し切って、教育職員免許法を改悪し、教員免許更新制を導入しました。この制度自体、教員の身分をも危うくして、時の政府いいなりの教員をつくるものという重大な問題を持っています。また、医師や弁護士などの免許が必要な職種については更新制が導入されていないにもかかわらず、なぜ教員だけに更新制を入れたのかという根本的な疑問があります。とりわけ現職教員については、終身有効の免許が授与されているにもかかわらず、これを「有効期間の定めのない免許」という大変無理のある解釈をしたうえで、更新講習を義務付けることなど、本来あってはならないことです。
 また、制度運用にかかわっても裏面別記の問題などがなお解決しておらず、果たして円滑な運用ができるのかという危惧を払拭できません。
 08年度からいわば見切り発車的に、「試行」が行われていますが、制度運用上の大問題について、明確にならないまま、「試行」を既成事実として09年度から実施を行えば、現場は大混乱し、大きな社会的問題を引き起こしかねません。私たちは、教員免許更新制そのものを廃止すべきであると考えますが、少なくとも、現場の疑念や危惧が払拭されるまで、実施を見合わせるべきであると考えます。
 以上のことから、下記のことを強く要望するものです。
 


 
 
1.教員免許更新制の2009年度からの実施を凍結すること。
Download Now
20081110174146_10.pdf
20081110174130_10.pdf

【署名】2008/05
公立学校共済組合運審委員等の任命取消訴訟の公正な判決を求める東京高裁あて署名へのご協力を!
 東京地裁は、公立学校共済組合裁判において、07年12月12日、全教の主張を退ける不当な判決を下しました。
 全教をはじめとした原告団は、直ちに控訴し、東京高裁での審理が始まっています。 この裁判では、理事と運営審議会委員を、日教組と全日教連の推薦者に独占させ、全教を排除していることを認めつつ、「直ちに違法」とまでは言えないとしました。
 福利厚生分野での公立学校共済組合の果たす役割の重要性からみて、運営審議会委員、理事の公正な任命を勝ちとることが、いま求められています。そのためには、控訴審においては、多くの署名を出足早く提出し、教職員の声を届けることが決定的です。
 裁判官宛の要請署名へのご協力をお願いします。
 
 署名の名称:「公立学校共済組合運営審議会委員等の任命取消訴訟の公正な判決を求める要請」(個人署名及び共済支部運審委員用の2種類)
 集約日:第1次集約 7月末日 / 第2次集約 10月末日
 




<<要請趣旨>>

 公立学校共済組合は、100万人に及ぶ公立学校教職員の医療、年金を中心に、福利厚生全般を担う重要な組織であり、その運営は、組合員の立場にたって適切・公正に行われなければなりません(地方公務員法第41条)。
 しかし、文部科学省は、運営審議会委員の内、組合員を代表する8名全員を40年間にわたって日教組と全日教連の役員から任命しながら、「職員団体とは無関係に選任している」などと虚偽の答弁に終始しています。しかも、地裁審理を通じて明らかになったように、事実は運営審議会委員の任期よりも日教組の役員としての任期が優先され、日教組選出の運営審議会委員の多くが任期途中で交代しています。
 07年12月12日における東京地裁の判決は、文部科学大臣と公立学校共済組合が、理事と運営審議会委員を、日教組と全日教連の推薦者に独占させ、全教の推薦者を排除していることを認めつつ、「任命が違法となるということはできない」として、私たちの訴えを退けました。
 しかし、判決の中では、「教職員団体に対する運営審議会委員の比例配分は、異なる教職員団体の多様な意見を被告組合の運営に反映することが期待でき、また、各教職員団体の間の公平感も保たれることから、一つの優れた方策であるとはいえる…」「文部科学省においては、候補者に関する情報入手を教職員団体に依存しているとの現状を踏まえれば、被告大臣の裁量権行使に当たり、複数の教職員団体間の公平感を保つことも考慮することが相当であると考えられる…」として、私たちの指摘を認める見解も示さざるを得ませんでした。こうした地裁判決の内容に従うなら、文部科学大臣と公立学校共済組合は、当然これまでの任命の仕方等を転換すべきですが、変えていません。
 私たちは、貴裁判所に、公立学校共済組合運営審議会委員等の任命取消訴訟における公正な判決を要請します。


添付ファイル:署名用紙PDF
Download Now
20081007153425_10.pdf

【署名】2010/02/26
▼ご協力ありがとうございました。沖縄戦「集団自決」めぐる検定意見撤回と記述の回復求める署名は文科省に提出しました。
【署名】2007/03
沖縄戦「集団自決」めぐる検定意見撤回と記述の回復求める署名を!
 
 高校歴史教科書の沖縄戦をめぐる検定意見撤回を求める11万6000人の沖縄県民大会は、検定意見撤回が沖縄県民の総意である事をあらためて示すものとなりました。また、検定意見撤回を求める自治体決議が沖縄県以外でも次々と採択されているように、歴史の真実を子どもたちに正しく伝えることは全国的課題でもあることはいうまでもありません。
 一方、福田首相は10月3日、国会での答弁で「教科書検定は、審議会における専門的な審議を経て実施される。今回の検定は沖縄の『集団自決』に関する記述について、軍の関与を否定するものではないと承知している」と述べ、今回の検定は間違っていないとする立場に変わりがないことをあらためて示しました。
 こうした政府の姿勢に対し、諸見里宏美・県PTA連合会長が「体験者が『集団自決』に軍の強制の事実を認めてほしいと叫んできたことを否定した非を認めず、『県民感情に配慮』とは議論のすり替えだ」(『沖縄タイムス』10/4付)としているように、文科省が今回の検定の非を認め、検定意見を撤回することが重要です。
 ついては、署名へのご協力を全国の職場・地域で積極的に広げていただくようお願いいたします。
 
 あて先:文部科学大臣
 集約:10月10日(水) 
  ※10月15日(月)に沖縄県民大会実行委員会が要請行動を実施するため、全教は、緊急の中央行動・連帯集会を実施します。署名を持参される場合は、15日当日でも可。  





「高等学校歴史教科書検定における沖縄戦の『集団自決』の記述」
において修正指示を撤回し、申請時の文章に戻すことを求める要請書

 2007年3月30日に公表された高等学校歴史教科書の検定結果によれば、文部科学省は、沖縄戦における強制集団死・「集団自決」について「日本軍による自決命令や強要があった」とする5社、7冊に対し「沖縄戦の実態について誤解する恐れのある表現」として修正を指示し、日本軍による命令・強制・誘導等の表現を削除・修正させたことが判明しました。
 修正意見の理由として、「大江・岩波沖縄戦裁判」をあげていますが、裁判は現在係争中であり、このことは文科省自らが課している検定基準(未確定な時事的事象について断定的に記述しているところはないこと)を逸脱しているといえます。さらに、司法的な判断がまだなされていない状況で、裁判の争点である「日本軍の関与」について削除をもとめることは、裁判自体に大きな影響を与えようとする政治的意図の表れとしか言いようがありません。
 沖縄戦における強制集団死・「集団自決」については、第3次家永教科書裁判の最高裁判決(「集団自決の原因については、日本軍の存在とその誘導」かつ「一律に集団自決と表現したり美化したりすることは適切でないという指摘」を認定)でも明確に示されている歴史的事実です。
 さらに「日本軍によって強制された強制集団死・『集団自決』」が、日本軍の住民虐殺と併せて、沖縄戦研究の定説として教科書に記述されてきました。
私たちは、この検定結果が沖縄戦の実相を歪めるものであり、戦争の本質を覆い隠すもので、沖縄の未来を担う子どもたちはおろか、日本全国の子どもたちにこのような内容の教科書がわたることを絶対に許すことはできません。
 ついては、今回の検定結果に強い抗議を示すとともに、文部科学省は修正指示を撤回し、申請時の文章に戻すよう強く要求します。


<<要請事項>>

 先の家永教科書裁判判決ならびに沖縄戦研究の成果をふまえ、今回の検定結果の修正指示を撤回し、申請時の文章に戻すことを求めます。


添付ファイル:署名のPDF
Download Now
20071005120917_10.pdf

【署名】2010/02/26
▼ご協力ありがとうございました。子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名は文科省に提出しました。
【署名】2007/04
子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名に全力をあげよう! 
 
団体署名:『子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名』用紙【添付ファイル1】
 
個人署名:『子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名』用紙(全教組織用)【添付ファイル2】
 
個人署名:『子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名』用紙(教組共闘組織用)【添付ファイル3】
 
個人署名:裏面【添付ファイル4】
 
※ 記名いただいた署名は、たいへん恐縮ですが下記全教宛に郵送してください。署名は全教本部と教組共闘事務局が責任を持って提出します。なお、署名された個人情報に関しては、どのような形態でも署名提出先以外の他者に提供することはありません。
 
 〒102-0084 東京都千代田区二番町12-1 全国教育文化会館3階 全教宛
 



 
 「構造改革」路線のもと、貧困と格差拡大が、子どもの安心のよりどころである家庭を直撃し、就・就学援助制度や高校の授業料減免制度の利用者が急増しています。にもかかわらず、準要保護家庭に対する就学援助金の国庫補助をはずしてしまったことから、各地で制度の基準の切り下げがすすめられるなど、憲法が保障する「等しく教育を受ける権利」が侵害される事態となっています。
 さらに、政府は「骨太の方針2006」で、文教予算については「これまで以上の削減努力を行う」として、①教職員定数を「5年間で1万人程度の純減」、②「人材確保法に基づく優遇措置を縮減」「メリハリを付けた教員給与体系」を検討、③私学助成の「対前年度比1%減」などを決定しました。こうしたもと、義務制第8次(高校第7次)教職員定数改善計画の策定が見送られ、教員給与の「優遇分の2・76%の削減」を「2008年度予算で対応する」とするなど大きな問題となっています。
 また、文科省は、2007年度予算で30人学級や教職員の定数改善計画を見送る一方、全国一斉学力テストの予算66億円をはじめ、教育再生関連予算は4・2%増としています。しかし、私学助成の1%減額を高校分はおしとどめ、きわめて不十分とはいえ、特別支援教育にかかわる定数増を予算化せざるを得なかったのは、この間の私たちのたたかいの成果でもあります。さらに中教審は3月29日「今後の教員給与のあり方について」答申を行い、「職務負荷」などで支給率に差をつける方向を打ち出す一方、「今後、教員勤務実態調査の結果等も踏まえて、平成20年度予算において政府が真摯に対応することを要請」としていることも重要です。
 つきましては、教育3法改悪阻止など改悪教育基本法の具体化を許さないとりくみと結んで、積極的に活用されるようお願いします。
 
 団体署名あて先:安倍晋三 内閣総理大臣(経済財政諮問会議議長)
 提出日:2007年 5月31日(木) 
 
 個人署名あて先:伊吹文明 文部科学大臣
 提出日:2007年 6月14日(木) ※第1次集約
            7月20日(金) ※最終集約 
 




<<個人署名 要求趣旨>>

 貧困と格差拡大が、子どもの安心のよりどころである家庭を直撃しています。とりわけ、「子どもの貧困率」はきわめて高くなっており、母一人子一人の母子家庭や一人親家庭で、手取り195万円の貧困ライン以下で暮らしている子どもは、OECD平均の3倍近くに達しています。このようなとき、準要保護家庭に対する就学援助金の国庫補助をはずしてしまった貴職の責任は重大です。2008年度予算において、国庫負担制度を復活するとともに、緊急の財政出動も含めた対策こそ求められます。
 教職員定数増は、教育現場のきわめて切実な要求です。文部科学省の教員勤務実態調査でも明らかになった、異常で違法な時間外勤務を、教職員の増員によって解消するためには、約17万人の定数増が必要になります。
 また、教職員を増やし、国の責任による30人学級の実施は急務です。
 政府は教職員給与の「優遇分の2・76%の削減」を「2008年度予算で対応する」としてきましたが、文部科学省では「教員勤務実態調査の結果等も踏まえて、平成20年度予算において政府が真摯に対応することを要請する」(中教審答申)としており、教職員給与の削減を行うべきではありません。
 文部科学省が教職員の増員を行わず、教職員定数くずし、義務教育費の総額裁量制の導入を推進したことが最も大きな原因となって、現場では臨時教職員、とりわけ非常勤講師が増大し、教育活動に支障を来たす事態となっています。正規採用教職員の増員は喫緊の課題です。
 私学助成金については、都道府県で削減が進められており、父母負担を軽減するために、大幅な増額が求められています。
 全国一斉学力テストは、いっそうの競争強化と子どもと学校の序列化をつくりだすものであり、即刻中止すべきです。
 これらの課題を実現するために、2008年度政府予算にむけた文部科学省概算要求について、以下のことを要請します。


<<要求項目>>

1.全国一斉学力テスト実施のための予算を計上しないこと。
2.子どもたちの就・修学を保障するため、就学援助の国庫負担制度の抜本的拡充、授業料減免制度の充実とともに、経済的理由による授業料・給食費などの滞納家庭に対する緊急の財政出動を含む公的措置を講じること。
3.義務制第8次(高校第7次)の教職員定数改善計画を策定すること。
4.文科省が実施した教員勤務実態調査に見合う定数増と賃金水準を改善し、慢性的な超過勤務を解消するため、実効ある措置を講ずること。
5.国の責任で30人学級を実施すること。
6.正規採用教職員を増員すること。また、臨時教職員の身分と待遇を改善すること。
7.私学助成金を大幅に増額すること。
8.教育予算を大幅に増額すること。
Download Now
20070426194555_10.pdf
20070426194453_10.pdf
20070426194532_10.pdf
20070426194618_10.pdf

【署名】2010/02/26
▼ご協力ありがとうございました。教育改悪3法案の廃案求める署名は国会に提出しました。
【署名】2007/03
教育改悪3法案の廃案求める署名に全力をあげよう! 
 
 政府・与党は、今国会(第166国会)で学校教育法、教育職員免許法等、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(地方教育行政法)の一部改正案を提出するなど改悪教育基本法の具体化をすすめようとしています。
 憲法の諸原則に反し、教育への国家の介入を強めるとの重大な問題を持つ法案の廃案を求める署名です。職場・地域での積極的な活用をお願いします。
 
 あて先:衆参両院議長
 提出:今国会中(第166国会)  
 




<<請願趣旨>>

 政府・文部科学省は、先の臨時国会で多くの父母・国民、教職員の反対を押し切り、教育基本法の改悪を強行しました。法案について十分な審議が行われなかったため、疑問点と問題点が山積しているにもかかわらず、今度は、今国会で学校教育法、教育職員免許法等、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(以下、地方教育行政法)の一部改正案を提出し、改悪教育基本法の具体化をすすめようとしています。
 この3法案は憲法の諸原則に反し、教育への国家の介入を強めるという重大な問題をもっています。これらの改悪が強行されれば、現在、教育現場でおきているさまざまな困難が解決されるどころか、よりいっそうの困難が子どもと教育、教職員にふりかかってきます。
 私たちは、教育の現場にいっそうの困難と混乱をもたらす教育改悪3法案に反対し、以下のとおり要求します。


<<請願事項>>

一、学校教育法、教育職員免許法等、地方教育行政法を変える「教育改悪3法案」を廃案にしてください。
Download Now
20070405214905_10.pdf

【署名】2010/02/26
▼ご協力ありがとうございました。改憲手続き法案の廃案求める署名は国会に提出しました。
【署名】2007/03
改憲手続き法案の廃案求める署名に全力をあげよう! 
 
 改憲を前提とした手続法である国民投票法案の今国会(第166国会)での成立を目指し、自民・公明の与党は策動を続けています。
 憲法改悪を許さないとの国民の意思を示すには、署名が大きな力を発揮します。職場・地域での積極的な活用をお願いします。
 
 あて先:衆参両院議長
 提出日:今国会中(第166国会)  
 




<<請願趣旨>>

 日本国憲法のかかげる平和、人権、民主主義の理念は、国民に広く定着しており、とりわけ第9条は、不戦の誓いとして多くの国民に支持され、アジアと世界から評価されています。
 自民・公明の与党は、今国会に「国民投票法案」を提出し、民主党との修正協議をすすめた上、今国会で成立させる意向を示しています。しかし、与党案、民主党案を「修正」しても、憲法9条を変えて日本をアメリカとともに「戦争する国」へ転換させる「改憲案」を通すための法案であることは明らかです。
 与党と民主党の修正協議は、①国民の承認を「有効投票」の2分の1超としており、最も少ない賛成で改憲案が成立すること、②テレビ・ラジオなどの有料意見広告は、資金力のある改憲をめざす政党が大量のCMを使って国民の投票意思を歪める危険性があること、③憲法改正に関わる運動は、本来自由であるべきですが、公務員や教育者の運動を規制すること、などの重大な問題が指摘されています。
 日本国憲法第96条に基づいて憲法改正を最終的に決定する権限は、一人ひとりの国民が持っています。この国民の意思をゆがめ、改憲案を通しやすくする不公正な法案を拙速に成立させることは、憲法の定める国民主権を踏みにじるものであり、国会の歴史に汚点を残す大問題と言わなければなりません。


<<請願事項>>

現在、審議中の「国民投票法案」は、廃案にされるよう強く要請します。
Download Now
20070405213237_10.pdf
42記事 最近の記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年6月号 5月18日発売
特集 子どもたちが輝く特別活動-教科外活動の魅力    
特別活動と改訂学習指導要領……春日井敏之(立命館大学)
生徒が主体となってとりくみ学校づくり……杉原大司(高校教員)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.