全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 専門部のとりくみ  青年部のとりくみ  項目 
青年部のとりくみ
【青年部】2017/04/19
全教青年部文部科学省交渉

   327日、全教青年部が文部科学省交渉を行いました。

文科省と交渉する全教青年部



全教青年部は、2016年「妊娠・出産・子育てにかかわる実態調査アンケート」を実施し、その結果をもとに327日に文科省交渉をおこないました。文科省からは、「マタハラはあってはならない」「教職員の未配置についてこれから実態を把握していきたい」と回答がありました。

これまでの議論の中で、青年教職員の多忙化解消やだれもが働きやすい職場環境について時間をかけて話し合いを重ね、とりわけ長時間過密労働や教職員不足がある中で、働きながらの妊娠・出産・子育てにかかわる青年教職員の実態を明らかにするためにアンケートにとりくみました。

今回のアンケートだけで、43件の代替教職員の未配置の実態が明らかになりました。自由記述では、①妊娠・出産・子育てに関わる制度がわからない、研修の機会を設けてほしい。②これからの妊娠・出産・子育てへの不安がある。③制度を取得したくても、職場の多忙、代替者の未配置などの問題があるため、なかなか取得ができない。④パワハラ・マタハラなどの改善をしてほしい。などの切実な声が挙げられていました。なかには、「これから妊娠したいと考えているが、今の業務量で身体が健康に保てるのか不安」「6年生の担任時に妊娠するのはやめてほしいと言われた」などの声もありました。

これらの青年教職員の声を、学校現場に伝えるとともに、広く世論にうったえていきたいと思います。


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年9月号 8月21日発売
特集 増え続ける臨時・非常勤教職員 
教育現場における非正規雇用の拡大は何をもたらしているか……中西新太郎(関東学院大学)
文科省の臨時・非常勤教職員政策と私たちの運動課題……波岡知朗(全教臨対部)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.