全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 専門部のとりくみ 
専門部のとりくみ詳細
【障害児教育部】2019/10/28
障教部「北欧の障害児教育を学ぶツアー」を実施
 全教障教部主催の「北欧の障害児教育を学ぶツアー」が819日~25日に行われ、24人が参加しました。

 「北欧の障害児教育を学ぶツアー」では、デンマークで1校、スウェーデンで2校、障害児の教育を行う学校を見学しました。デンマークもスウェーデンも、広々とした校舎で少人数の子どもたちが学んでいました。教職員の数も多く、過密過大の日本の特別支援学校とは大違いでした。「一人ひとりを大切にする」という国の姿勢がこんなにも学校のあり方を、社会のあり方を変えるということを強く考えさせられました。

「インクルーシブ教育」についても、日本では「通常の学級で学ぶこと」と思われがちですが、デンマークやスウェーデンの状況は決してそうではありませんでした。小中学校に隣接して「特別学校」を建設するけれども、教室はそれぞれ別、という形での「統合」が行われていました。

学校見学の中で語られた「学び直し、やり直しができる社会」「失敗が許される社会」という言葉にも、多くの参加者が感銘を受けました。障害児教育のあり方だけでなく、価値観や人生観についても学ぶことの多いツアーでした。

参加者による報告集が完成しています。全教障教部の各組織に1冊ずつ配布されていますので、興味のある方はお問い合わせください。

次回の障教部ツアーは2021年夏に開催予定です。

北欧ツアー


(とりくみ)

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年12月号 11月20日発売
特集 日本語指導が必要な子どもの“育ち”を保障する
誰も置き去りにしないために―外国人の子どもの育ちをめぐる日本の諸課題……河かおる(滋賀県立大学)
「日系ブラジル人でいいんだ」 3歳で日本にやって来て……南崎サラ小百合(大学生)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.