全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【要請】2008/12/22
09年度政府予算の財務省原案に対し、教育予算増額を財務大臣に米浦全教委員長が要請!
 米浦全教委員長と小村全国私教連委員長(全教副委員長)は、中川財務大臣と対面し、09年度政府予算の財務省原案に対し、教育予算の増額を要請しました。


写真:中川財務大臣(手前右)に要請する米浦全教委員長(左から2番目)、
    小村全国私教連委員長(左から4番目)



 米浦全教委員長は、「『教員が子ども一人ひとりと向きあう環境づくり』のため、教職員定数増を行うこと」との要請項目を示し、「教員が子どもと向き合う環境づくりをさらにすすめるために教職員の定数増をお願いしたい」と述べました。
 また、小村全国私教連委員長は、「私立高校等経常費補助費を1068億5000万円まで満額復活すること。授業料減免事業支援特別経費を増額するとともに、補助率を改善すること」との要請項目を示し、「年度末にかけて私立高校の学費が払えずに中退する高校生が2000人を超えて、3000人近く出るのではないかとの深刻な状況になっている。緊急の手立ても含めてお願いしたい」と述べ、高校生の要望書を手渡しました。
 
 この要請は「軍事費削って、くらしと福祉・教育の充実を」国民大運動実行委員会が行った要請に、全教と全国私教連として参加したものです。

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年12月号 11月20日発売
特集 日本語指導が必要な子どもの“育ち”を保障する
誰も置き去りにしないために―外国人の子どもの育ちをめぐる日本の諸課題……河かおる(滋賀県立大学)
「日系ブラジル人でいいんだ」 3歳で日本にやって来て……南崎サラ小百合(大学生)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.