全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【要請】2010/03/31
朝鮮学校を「高校無償化」から除外しないで、 教育費負担の軽減を、子ども全国センターが緊急要請 
 子ども全国センターは3月31日鳩山内閣にたいして、「高校無償化」措置から朝鮮学校を除外することに反対する緊急要請と、保護者の教育費負担の軽減をはかるよう要請しました。

写真:文部科学省担当官に要請する子ども全国センターの代表



 子どもにかかわる市民団体や労働組合、個人などでつくる子どもの権利・教育・文化全国センターは331日、鳩山総理大臣、川端文部科学大臣、平野内閣官房長官あての要請書を担当係官に手渡し、「高校無償化」措置から朝鮮学校を除外することに反対する緊急要請と、保護者の教育費負担の軽減をはかるよう要請しました。全教からは、本田久美子中央執行副委員長が参加しました。

朝鮮高級学校を授業料無償化の対象から除外せよとの動きがあることに反対し、国連人種差別撤廃委員会の報告書が「子どもの教育に差別的な影響を与える行為」として「懸念を表明」したことにもふれ、憲法や子どもの権利条約にてらして、「すべての高校生、高校に準じた施設で学ぶ子どもたちに学ぶ権利が保障される」ことを要望しました。また要請書は、今日、朝鮮高級学校に在籍する生徒がなぜ日本に居住し、その教育を受けているのか、の歴史を忘却して論じることも問題であると指摘しています。
 さらに、公立高校授業料の無償化や私立高校生への就学支援金制度などを歓迎するとともに、子どもたちはなお就学困難な実態にあることを踏まえ、準要保護家庭の就学援助に対する国庫負担の復活、小中学校の副教材費、給食費や高校の教科書、実験実習費、修学旅行費など、教育に必要な諸費用を公費負担にし、保護者負担の軽減をはかることなどを求めました。また、私立高校生への就学支援金の対象枠の拡大、高校・大学生に対する給付制の奨学金制度の創設を求めました。




《関連項目》

■全教のとりくみ
【要請】2012/10/24 国際人権規約保留撤回を受けて 全教が文科省に要請行動
【呼びかけ】2012/5/10 すすめよう「えがお署名」
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【大会】2012/02/18~19 父母・国民とともに憲法に立脚した民主教育を 全教第29回定期大会を開催
【要請】2011/12/21 民主党あての緊急要請書(731組織・団体分)を提出

■声明・見解・談話
【見解】2012/09/13 2013年度政府予算に対する文部科学省概算要求に対する見解を発表
【見解】2011/10/13 2012年度政府予算に対する文部科学省概算要求への見解発表
【声明】2011/01/07 全教中央執行委員会声明「2011年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」を発表
【見解】2010/09/07 2011年度政府予算に対する文科省概算要求について中執見解を発表
【談話】2010/05/27 文部科学省は、学校給食費の無償など教育費無償化をすすめるためにこそ努力を  ―全教が、「子ども手当の支給と給食費未納問題」にかかわる通知に対して教文局長談話を発表

■署名・ビラ・資料
【署名】2013/04/18 えがお署名のとりくみをすすめよう!
【署名】2009/12/08 「教育無償の実現を求める国会請願」署名のとりくみ

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年12月号 11月20日発売
特集 日本語指導が必要な子どもの“育ち”を保障する
誰も置き去りにしないために―外国人の子どもの育ちをめぐる日本の諸課題……河かおる(滋賀県立大学)
「日系ブラジル人でいいんだ」 3歳で日本にやって来て……南崎サラ小百合(大学生)
 
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO
バックナンバーのご案内
月刊『クレスコ』
2009年11月号 10月25日発売
特集:待ったなし! 教育費無償化
購読申し込み バックナンバー
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.