全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【集会】2013/7/25
2013年夏季闘争勝利7・25中央行動 ―解雇の自由化許すな!公務員賃金の改善!時給1000円以上の最低賃金を!―
DSC_1705

 日比谷野外音楽堂で開催された中央集会には、全教・教組共闘の参加者は約350名、全体で2000名が参加しました。



DSC_1734

 集会では、全労連の大黒議長が主催者を代表してあいさつ、小田川事務局長が情勢報告を行いました。また集会の中で、全教を代表して今谷賢二書記長が、安倍政権がすすめる「教育再生」攻撃のもとでのたたかう決意を表明。子どもと教育を守るために、新たな教職員定数改善計画の策定、教育費の無償化の前進、「えがお署名」をはじめとした文科省の概算要求に向けたとりくみ、地方賃下げに反対するたたかいなど全教・教組共闘のたたかいを報告し、引き続くたたかいの決意を表明しました。

 また、全労連公務部会が主催する人事院前要求行動では、長野高教組書記次長の吉田由美子さんが決意表明を行いました。吉田さんは長野における国家公務員に準じた賃下げとのたたかいの経過と到達点に触れながら、公務員賃金の改善に向けて人事院が自らの責任を果たすよう強く求めました。

 人事院前行動の終了後、全労連公務部会は人事院勧告にむけてとりくんだ「公務労働者の賃金・労働条件の改善を求める署名」約9万筆を提出しました。この提出行動には、全教から兵庫教組の岸本委員長が参加し、長時間労働の解消と公務労働者の給与改善を求めました。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年12月号 11月20日発売
特集 自分を生きるということ-多様な生き方をささえる-     
自分らしく生きることを支える教育・学校・社会とは……山下雅彦(東海大学九州キャンパス教授)
学校よ、がんばろうぜ!……松島義一(株式会社未来図代表取締役)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.