全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【行動】2013/11/29
フィリピンの台風被害に募金を贈呈

 全教は11月29日、フィリピンの台風30号による甚大な被害に対し、子どもたちへの支援の願いをこめて、国連難民高等弁務官事務所(国連UNHCR協会)を通してフィリピンへ、全国から寄せられた募金の一部50万円を贈呈しました。
 この日、国連UNHCR協会の檜森隆伸理事・事務局長と中村恵事務局長補佐が、全教本部に訪れました。全教は北村佳久委員長、田倉孝衛書記次長が対応しました。

3
UNHCR/R. Rocamora


 フィリピンで起きた台風30号の甚大な被害は、被災者は推定980万人。約66万人が避難し、うち約39万人が1316カ所の避難所に身を寄せているといいます(フィリピン社会福祉省11日発表)。現地の国連は、食料支援を必要とする人が250万人に上ると発表しました。
 国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口です。紛争や迫害により難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞。120か国以上で援助活動を行っています。全教は、これまでも同協会に募金をとどけてきました。

<募金のお願い>
 「フィリピンの台風被害に対しての募金袋」が全教の各組織に送付され、とりくみが始まっています。ご協力をお願いします。全国から集められた募金は、全教本部から引き続き国連UNHCR協会などに送金させていただきます。

1


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年7月号 6月20日発売
特集 高校教育に何が求められているか
高校教育はどこに向かうのか?……児美川孝一郎(法政大学)
いま「高大接続改革」で何がねらわれているのか……波岡知朗(全日本教職員組合書記次長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.