全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【報告】2016/06/10
高校生・中学生は主権者として政治参加を求めている -「高校生・中学生1万人憲法についてのアンケート2015」- ダイジェスト版、分析資料編を活用した主権者教育の推進を
高校教育研究委員会と子ども全国センターは、201510月に「高校生・中学生1万人憲法についてのアンケート」を実施しました。このアンケートは、「高校生憲法意識調査」として1977年度以来、45年おきに実施してきたもので、今回で10回目となります。28都道府県1341969名の高校生・中学生からの回答が寄せられました。
ダイジェストと分析資料の表紙










今回の調査結果の最大の特徴は、18歳選挙権が導入されたことを契機として、高校生や中学生の主権者意識がかつてなく高まっているということです。また、過去の調査結果と同様に、高校生・中学生の多くが憲法に信頼を寄せ、憲法9条を生かした平和な社会を求めていることがわかります。さらには、憲法に規定されている基本的人権について、社会は確実に前進しているものの、個々の人権ついては充分保障されていないと考えていること、特に女子は男子よりも「保証されていない」という数値が高くなっています。

今回の調査結果をまとめた「ダイジェスト版」「分析資料編」を活用して、学校・職場・家庭・地域で、主権者教育をすすめましょう。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年2月号 1月20日発売
特集 待ったなし!子どもの貧困
子どもの貧困の解消へ、本気度が問われる2017年…… 浅井春夫(立教大学)
「猫の足あとハウス」をみんなの居場所に…… 岸田久惠(学び塾「猫の足あと」代表)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.