全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【行動】2017/09/22
九州北部豪雨災害(朝倉市、東峰村、日田市)に全国からの支援カンパ


全教は、20177月に福岡県や大分県などを襲った豪雨災害に対して、全国からの支援と「子どもと学校の救援カンパ」を呼びかけてきました。920日に福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市の教育委員会を、土方功全教中央執行副委員長、中村賢太郎全教北九州執行委員長、阿部のぞみ全教中央執行委員が訪問しました。全国からのカンパを贈呈するとともに、それぞれの教育長などと懇談しました。


17-09-22【HP更新】朝倉市①




○福岡県朝倉市教育委員会へ訪問


福岡県朝倉市では、宮崎成光教育長などに対応していただきました。土方副委員長からカンパの目録を受け取った宮崎教育長は、学校や子どもたちの豪雨災害の被害状況を説明しました。杷木地区の2校の小学校が、現在使用できない状況のため、仮設の校舎を建てて授業を再開している状況を語りました。スクールバスなどを使って、子どもたちが学校に通うことができている様子を教えていただきました。


17-09-22【HP更新】朝倉市②


 ○福岡県東峰村教育委員会へ訪問 


福岡県東峰村では、室井昭博教育長などに対応していただきました。土方副委員長からカンパの目録を受け取った室井教育長は、「子どもと学校のために救援カンパを使いたい」と豪雨災害の被害状況を説明しました。校舎へ直接的な被害はなかったが、プールに土砂が流れて、ボランティアの方の協力を得るなどして、プールの再開ができるようになった状況を語りました。


17-09-22【HP更新】東峰村



 ○大分県日田市教育委員会へ訪問


大分県日田市では、鈴木俊行教育次長などに対応していただきました。土方副委員長からカンパの目録を受け取った鈴木教育次長は、「子どもたちの心のケアを大事にしていきたい」と豪雨災害の被害状況を説明しました。小野地区の1校の小学校が、床下浸水のため、現在使用できない状況にあり、近くの中学校に間借りしている状況を語りました。


17-09-22【HP更新】日田市



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年10月号 9月20日発売
特集 地域に開かれた学校とは何か?
学校づくりと地域づくりへの生徒参加で主権者に育つ……宮下与兵衛(首都大学東京)
安倍「教育再生」のもとでの「コミュニティ・スクール」のねらい……宮下直樹(全教教文局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.