全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【集会】2017/09/27
「教職員平和のつどいin長崎」を開催

77日に核兵器禁止条約が採択され、核兵器廃絶にむけて歴史的な新たなステップを迎えるなか、原水爆禁止2017年世界大会が開催されました。「核兵器のない世界」の実現に向けた運動と共同の発展を喜び合い、新たな方向性を示す集会となりました。

全教・教組共闘連絡会が88日に開催した「教職員平和のつどいin長崎」には、全国から100人を超える教職員が参加しました。


教職員平和のつどい①



「教職員平和のつどいin長崎」では、被爆者の中島正憲さん(長崎被爆者手帳友愛会)から被爆体験を語っていただきました。愛知から参加した青年は、「中島さんの体験を聴いて自分の考えをはっきりすることができた」と発言し、核抑止力論をどう考えていったらよいかなど交流されました。

また、国連核兵器禁止条約のニューヨーク行動に参加した青年からは、核兵器はいらないという世界の人びとの思いに触れた感動や、被爆者の方と話す中で核兵器禁止条約のすばらしさに気づかされたことなどが報告されました。


  海外代表との交流では、アメリカ(ピースアクション)の青年たちや、中東の教職員(夾竹桃イニシアチブ)の方々に来ていただき、交流を深めることができました。青年教職員の参加が多く感動したこと、核兵器禁止条約にも記述された平和教育の大切さ等について話され、若い人への継承をしていこうとお互いに交流し合いました。全国からは20代の初参加の青年の発言が複数あり、また参加したいと思が語られました。


教職員平和のつどい②



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年10月号 9月20日発売
特集 地域に開かれた学校とは何か?
学校づくりと地域づくりへの生徒参加で主権者に育つ……宮下与兵衛(首都大学東京)
安倍「教育再生」のもとでの「コミュニティ・スクール」のねらい……宮下直樹(全教教文局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.