全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【集会】2018/03/02
教育全国署名提出、国会に提出 29年間で4億5541万7990筆!

  223日、ゆきとどいた教育をすすめる会(全教、教組共闘連絡会、全国私学父母懇・私学助成をすすめる会連絡会、全国各地のすすめる会)は、公立分の署名提出集会を開催しました。15日に私学が提出した私学助成全国署名(5287873筆)と合わせて、2017年度の教育全国署名数は6101572筆となりました。

18-03-02【HP更新】教育全国署名提出集会 写真DSC_6608


  提出集会には、3会派(立憲民主党、希望の党、日本共産党)から6人の国会議員が出席し、教育無償化や教職員定数改善、35人以下学級前進などゆきとどいた教育を実現するため国会で奮闘する決意を表明しました。さらに、議員秘書13人(議員本人の3会派のほかに自民党・民進党・沖縄の風・無所属から)が出席しました。紹介議員の数は、9会派(前述の会派に社民党・自由党を加えて)、78人となりました。すぐに議会事務局に提出し受理されたことを全教に報告してくれた議員もいました。

  集会では、宮城と大阪のとりくみが報告されました。どちらも粘り強いとりくみで、地域とともに活動していることが紹介されました。

  2018年は教育全国署名30年目という節目の年です。国連に教育無償化の漸進状況を報告するよう求められている期限が5月末に近づくという「2018年問題」の年でもあります。集会では、参加した父母・保護者、教職員、議員が力を合わせて教育無償化・35人以下学級前進を実現するため頑張ることが確認されました。

18-03-02【HP更新】教育全国署名提出集会 写真DSC_6549

18-03-02【HP更新】教育全国署名提出集会 写真DSC_6598




子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年10月号 9月20日発売
特集 教育はなぜ無償でなければならないか   
無償教育の現段階と「2018年問題」……三輪定宣(千葉大学名誉教授)
条件付きの「平等」の外で就学支援金制度から排除される朝鮮高校生……柏崎正憲(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会事務局)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.