全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【会議】2018/06/27
全教第57回中央委員会を開催

 全教は、624日、第57回中央委員会を開催し、2月に開催された第35回定期大会以降のとりくみの経過と、憲法闘争、組織建設、教育条件整備、長時間過密労働解消など、当面の方針について決定しました。

第57回中央委員会(リード用)



  中央委員会の冒頭、あいさつに立った中村尚史中央執行委員長は、大阪北部地震で被災したすべての皆さんへのお見舞いを述べた上で、非構造部材の耐震化を含めた施設・設備の総点検と改修、そのための財政措置を早急に実施することを、文科省はじめ教育行政当局に強く求めました。また、615日に閣議決定された「骨太の方針2018」の重点に掲げられている「人づくり革命」「生産性革命」について、「いのちある限り絞りつくす、資本のどん欲な利潤追求の姿をむき出しの形であらわしたもの」と厳しく批判しました。子どもたちの安心・安全を守る上でも、教職員の長時間過密労働を解消する上でも、教育予算の増額、ゆきとどいた教育条件整備を求めるとりくみを、父母・保護者、国民、教職員の共同ですすめようと呼びかけました。

 討論では、改訂学習指導要領の移行措置に伴い、道徳の教科化や英語教育の強化・早期化がすすめられるもとで矛盾が吹きだしていることが、リアルに語られました。また、子どもたちに寄り添った教育をすすめるためにも、教職員の長時間過密労働を解消するためにも、少人数学級の前進、教職員定数増を求める声が職場で大きく広がっていることが語られました。

  中央委員会では、9条改憲を許さず、全教を強く大きくすることを呼びかけた「当面の闘争に関する件」を含めた9つの議案を採択し、「政治の大きな転換を図り、憲法と子どもの権利条約にもとづく教育を追求するなかまの輪を広げよう」との中央委員会アピールを満場一致で確認し、閉会しました。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年7月号 6月20日発売
特集 何のためのスタンダードか?
膨張する「スタンダード」、その行き着く先は?……照本祥敬(中京大学)
管理と統制の教育政策と「スタンダード」を考える……宮下直樹(全教教文局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.