全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【要請】2018/11/15
被災地の学校と教育の復旧・復興を求める文科省・復興庁要請
 全教と教組共闘連絡会は、「東日本大震災と福島第一原発事故および自然災害による被災地の学校と教育の復旧・復興を求める要請」を、118日に文科省と復興庁へおこないました。

被災地・文科省要請



全教と教組共闘連絡会は、「東日本大震災と福島第一原発事故および自然災害による被災地の学校と教育の復旧・復興を求める要請」を、118日に文科省と復興庁へおこないました。東北と北海道・西日本などの被災地から12人が参加し、被災地の現状を伝え、教職員の配置と予算措置、避難所となる学校の条件整備などを求めました。

30人学級の実施、1000人の教育復興加配の継続・拡充、スクールカウンセラーの予算配置の継続をすること、②子どもたちの心のケアのための養護教諭・スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーなどの配置をすること、③避難所に指定されている学校に、発電機やエアコンなどの設置をおこなうこと、④ブロック塀や外壁、通学路など子どもたちの安全確保をおこなうこと、⑤18歳以降も継続して医療費、検診等を無料とすること、⑥校庭に埋められているフレコンバックの適切な処理と、モニタリングポストを撤去しないこと、⑦復興庁を存続することなどを要請しました。

文科省は「ブロック塀の補修やエアコンの設置に補正予算をつけた」、復興庁は「中・長期的な対応が必要」と語りました。引き続き、子どもたちが安心して暮らせる継続的な支援を求めていきます。

被災地・復興庁要請



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年12月号 11月20日発売
特集 自分を生きるということ-多様な生き方をささえる-     
自分らしく生きることを支える教育・学校・社会とは……山下雅彦(東海大学九州キャンパス教授)
学校よ、がんばろうぜ!……松島義一(株式会社未来図代表取締役)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.