全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【集会】2019/06/26
高校教育研究委員会 2019年度 第2回公開研究会

改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育を!

~すべての高校生の学び・成長を保障する高校教育を~


■日時:7月6日(土)14:00~17:00

■会場:全国教育文化会館 1階全教共済会議室

■報告:植田健男さん(花園大学)

■報告:小池由美子さん(大東文化大学)

高校教育研究委員会 2019年度 第2回公開研究会チラシ



高校教育研究委員会はこれまで改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育のあり方を考え、実践交流、討論してきました。

国が求める「資質・能力」を押しつける「改訂学習指導要領」をはじめ、「高校生のための学びの基礎診断」や「大学入学共通テスト」・「英語認定試験」などの「高大接続改革」、学費減免や奨学金を「利用」して大学教育の自主性を奪い国による支配をねらう「大学等修学支援法」、一連の「改革」の総仕上げといえる「教育再生実行会議第十一次提言」など、矢継ぎ早に政策・施策が出されています。次第に具体化がすすめられ、問題点が明らかになってきました。一連の「改革」は、文科省に代わって民間事業者が推進役になっているように見えます。教育の市場がいっそうすすみ、民間教育産業が公教育を「商売」として“いいとこ取り”しようと画策しています。公教育としての高校教育のあり方を考え、すべての高校生の学び・成長を保障する高校教育の実現がきわめて重要なとりくみとなっています。ともに、じっくり討論しましょう。




子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年12月号 11月20日発売
特集 日本語指導が必要な子どもの“育ち”を保障する
誰も置き去りにしないために―外国人の子どもの育ちをめぐる日本の諸課題……河かおる(滋賀県立大学)
「日系ブラジル人でいいんだ」 3歳で日本にやって来て……南崎サラ小百合(大学生)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.