全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【行動】2019/06/27
文科省に教職員の政治活動の自由を保障することを申し入れ

全教は620日、文科省が参院選に向けて発出した通知「教職員等の選挙運動の禁止等について」に対して、通知の撤回とともに、日本国憲法が保障する基本的人権を擁護し、教職員の政治活動の自由を保障することを求める申し入れを行いました。

19-6-26添付【申し入れ】教職員の政治活動の自由を求める申し入れ



全教の檀原毅也書記長と吹上勇人書記次長は、620日に文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課森田晃史調査係長に「日本国憲法が保障する基本的人権を擁護し、教職員の政治活動の自由を保障することを求める申し入れ」(要請文)を手渡しました。

全教は、選挙のたびに発出されてきた「教職員等の選挙運動の禁止等」を求める通知について、教職員の正当な政治活動を抑圧する効果を持ち、憲法に保障された基本的人権をないがしろにするものと厳しく批判してきました。この日の申し入れでも、通知の撤回を求めるとともに、文科省は現場における政治教育などを萎縮させるのではなく、青年層の低投票率の改善をめざす立場から主権者教育をより充実させるよう励ますことこそ重要であることを指摘しました。

その上で、以下の項目を強く要請しました。

(1)一切の政治的活動を否定する「通知」を撤回すること。

(2)文部科学省として、憲法で保障された教職員の正当な政治活動を保障する立場に立った行政を行うこと。

(3)高校生の政治活動の自由を保障する立場に立った施策をすすめること。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年7月号 6月20日発売
特集 高校教育に何が求められているか
高校教育はどこに向かうのか?……児美川孝一郎(法政大学)
いま「高大接続改革」で何がねらわれているのか……波岡知朗(全日本教職員組合書記次長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.