全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【集会】2008/12/12
第20回 ゆきとどいた教育をすすめる全国署名集約集会を開催!【アピール】
集会アピール

お金の心配なく、思う存分学びたい」
――教育予算を増やし、国の責任で私学助成の拡充を、30人以下学級の実現を――

 全国の父母・国民、教職員のみなさん。
 本日、全国各地で約半年間にわたってとりくまれた、ゆきとどいた教育を求める全国署名(略称:教育全国署名)の集約集会を迎えました。今年度は本日の段階で1042万7638名分の署名が集約されています。

添付ファイルなし

 3000万署名運動が教育全国署名に引き継がれ20年目にあたる記念すべき年の署名運動として、それにふさわしく創意あふれるとりくみが全国各地で展開 されました。この集約集会で、今年度の署名運動に関わったすべての父母・国民、教職員、高校生と今年のとりくみの成果を確認し合い、新たな決意を固め合い ました。

 特に、生徒の私学助成増額や定時制高校などの統廃合反対、学費の軽減などを訴える自主的なとりくみが、世論や政治を動かし、生徒自身も主体者として成長してきていること確認できました。多くの県で高校生がこうした問題を自らの問題、足元の課題として時には大人たちの前に立って、街頭での署名活動、フェスティバルや県議会への要請などにとりくんできました。私学助成の削減反対などでの橋下知事との懇談で「大人になってからそういうことをいいなさい」「嫌なら日本から出て行きなさい」という知事の暴言に対して、「私たちは、有権者ではないが、主権者だ」との凛とした高校生は、私たちの運動によって育った生徒たちです。
 私たちの運動が、高校授業料無償化、授業料助成制度・減免制度の拡充の議論を国政の段階でも起こした年でもありました。貧困と格差問題、学費滞納、経済的な理由での高校退学、給食費を払っていないからと給食を食べない子、授業料や修学旅行代をアルバイトでまかなおうと思っても生活費に消えてしまう生徒、いま、全国でこうした子どもたちが急増し、緊急の対策が求められています。こうした子どもたちへのセーフティーネットを形成していくこと、教育予算を増やし国の責任で子どもたちの学ぶ機会を保障していくことこそが行政の責務です。
 
 「3000万署名」が開始されて20年、それ以前の私学助成署名から数えて39年、この運動によって、私学助成の単価は1970年の5000円から29万5000円とこの39年間で60倍近くにまで押し上げ、少人数学級は東京を除く46道府県で実現しました。行きとどいた教育実現の過程は私たちの運動の成果であり、たまものです。私たちはこれに満足してはいけません。ここで足踏みをしてもいけません。行きとどいた教育実現の将来に向かって、子どもたちがお金の心配をせずに学校へ通えるように、幼稚園から大学までのすべての学校での学費無償化をも視野に入れたとりくみが求められています。
 昨年度全国会議員の3分の1にあたる213名によって国会に提出された署名が国政で大きな力になりました。今年度はさらに多くの紹介議員を獲得し、国会へ提出しましょう。そして、教育予算を増やし、国の責任で私学助成の拡充と30人以下学級の実現をめざすために大きなとりくみを展開しましょう。そのために多くの人たちと手をつなぎ、多くの人と行きとどいた教育へ向けた話し合いをすすめ、世論を動かし、国を動かしていきましょう。
 
 
2008年12月12日
 

第20回ゆきとどいた教育を求める全国署名集約集会



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年11月号 10月18日発売
特集 ありのままを受けとめて 子どもの権利条約30年
国連子どもの権利委員会「日本政府第4・5回統合報告に関する最終所見」をどう受けとめるか……児玉洋介(子どもの権利条約市民・NGOの会/東京総合教育センター所長)
遊びは子どもの主食です―遊びのエネルギーの歪みと解放の先に……神代洋一(少年少女センター全国ネットワーク)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.