全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【とりくみ】2010/02/11
全教・日高教・全国私教連・子ども全国センター 
授業料・教育費緊急ホットライン
「卒業できない」など切実な相談156件

 全教、日高教、全国私教連、子ども全国センターは2月11日、社会福祉・教育関係団体などの協力をえて、授業料・教育費にかかわる相談に応じるため、「緊急ホットライン」を開設しました。午前10時に始まった電話相談では、用意された6台の電話に次々と相談が寄せられ、この日午後7時までの相談は156件に達しました。


 「大学の入学試験は通ったが、授業料が払えず、卒業できないかもしれない」、「30万5千円の入学金が準備できない」「自営の仕事がほとんどなく、給食費、予防接種代が払えない」など、教育費の過大な保護者負担が保護者、子どもの生活と、教育を受ける権利に深刻な影響を及ぼしていることが相談をとおして明らかになりました。
 また「奨学金を受給する手続きを教えてほしい」など身近な就学支援制度の活用の仕方が知らされていないことや、授業料以外の高校入学金、部活動費などの保護者負担の大きさをあらためて示しました。
 
20100212131622_2
 電話相談は、同日、長野、富山で、2月7日に広島でおこなわれました。長野で電話相談を実施したのは長野高教組、長野県教組、長野私教連などでつくる県教組教職員組合連絡協議会。電話相談には「専門学校に進学がきまったが入学金、教科書代が用意できない」など13件の切実な相談が寄せられました。
 全教は相談内容をまとめ、制度改善にむけて、各省庁、教育関係団体への要請をおこないます。
 なお全教などが実施した電話相談には、全国社会福祉協議会、全国生活と健康を守る会連合会、日本学生支援機構労組、全国福祉保育労組、自由法曹団、全教事務職員部などの団体に協力をいただきました。


子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年6月号 5月20日発売
特集 権利としての障害児教育―すべての子どもたちに豊かな学びを
一つ一つの峰を越えてきたから、今の困難・課題がある……竹沢清(あいち障害者センター)
障害児教育の劣悪な教育条件の実態と私たちの課題……佐竹葉子(全教障害児教育部長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.