全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【教研】2008/08/23
シンポジウム『こんな先生だったらいいな―教員免許更新制でいい先生が育つの?』を開催!
教員免許更新制でいい先生が育つの? 【新聞全教 NO,358 より】 
 
 「つどい」3日目の23日夜、教員免許更新制の問題点、求められる教師像を明らかにすることを目的に、シンポジウム『こんな先生だったらいいな―教員免許更新制でいい先生が育つの』が開催されました。


教育活動通じてこそ高められる教育力量 
 
 シンポジストの土屋基規 近畿大学教授は、「教員としての専門性の維持・向上という文科省のねらいに照らしても、その効果が得られるか疑問」「校長、教頭、主幹教諭、指導主事などはなぜ、更新しなくてよいのか」などの問題点を指摘しました。
 また山崎雄介 群馬大学准教授は、予備講習の経験を踏まえ、「周知期間が短すぎた。5週間連続の土日(土日のいずれか一方)設定はクラブ指導などに支障をきたした」などの問題点を指摘。また、受講者の評価、要望についてふれ、「講座の多様化、行政研修との整理統合、制度実施そのものへの批判などがあった」と報告しました。
 東辰也 京教組教文部長は、「教職員は集団的な教育活動を通じてこそ、個人としても、集団としても、教育力量を形成でき、学校の教育力を高めることができる。子どもたちや教職員から離れた研修を実施し、試験で評価するやり方は教育の条理を踏みにじるもの」と批判しました。
 伊東修子 新日本婦人の会・山科支部事務局長は、「いま学校に持ちこまれている文科省の施策は、おとなの論理にもとづくもの。子どもたちのしあわせにつながる教職員、父母の共同のとりくみをすすめたい」と発言しました。
 今西静夫 京都府職労元役員は、今後の課題として、①10年研修制度など現行の研修制度の見直し、②ペーパーティーチャーも含めた免許所持者への周知、③臨時講師の確保、④費用負担軽減などの条件整備、⑤早期退職を増大させないための激励の大切さをあげました。


埼玉の教員が京都で受講 
 
 フロアー討論では、参加者から「予備講習で計画・準備のずさんさが明らかになった」「定員の10倍にのぼる予備講習への応募があり、本当に受講できるのかとの不安が出ている」「免許所持者が減り、臨時教員の確保ができなくなるのでは」「埼玉の教員が京都で受講」「教員が本当に力をつけられる研修を大学実施できないか」などの発言が相い次ぎました。
 シンポジウムの最後にコーディネーターの山口隆「つどい」事務局長は、「教員免許更新制の重大な問題が明らかになった。『中止も含めて検討せよ』などと注文をつけるなど、マスコミの注目も広がっている。教育活動をすすめるうえで最も重要な教育の自主制の保障を1歩でも2歩でも前進させるために、共同のとりくみに全力をあげよう」と呼びかけました。




子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年11月号 10月18日発売
特集 ありのままを受けとめて 子どもの権利条約30年
国連子どもの権利委員会「日本政府第4・5回統合報告に関する最終所見」をどう受けとめるか……児玉洋介(子どもの権利条約市民・NGOの会/東京総合教育センター所長)
遊びは子どもの主食です―遊びのエネルギーの歪みと解放の先に……神代洋一(少年少女センター全国ネットワーク)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.