全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【とりくみ】2010/06/03
ジュネーブ国連子どもの権利委員会・イギリス教員組合を訪問
 本田久美子全教副委員長(国際局長)は、5月23日から28日の6日間のあいだに、国連子どもの権利委員会でおこなわれた第3回日本政府報告書に対する本審査の傍聴、教員の地位に関する勧告の適用に関するILOユネスコ共同専門家委員会事務局へ追加情報を提出しての懇談、NUT(イギリス教員組合)を訪問しての懇談をおこないました。

写真:本審査を傍聴する日本代表団(右が全教本田副委員長)




NUTとの懇談
 国連子どもの権利委員会では、委員から日本政府に対して質問が相次ぎました。たとえば「新しいことに(子ども手当)お金かけているが、子どもの生活改善のお金が少なくなる。」「学校で子どもの権利はどのように確保されているのか?」「条約は国内法律より優位だ。判事が条約をもとに判決を出しているのか?」など、委員は全教も提出したNGO報告書をしっかり読んでの鋭い質問だと感じる内容でした。
 ILO事務所では、ビル・ラットリーはじめ3人の方が対応し、東京・愛知・神戸からの追加情報もあわせて届けました。ラットリー氏から日本政府の変化、公務についての採用・雇用状況について質問があり、意見交換しました。
 NUTでは、イギリスにおける新自由主義教育について、全国学力テスト廃止に向けたNUTのとりくみ、子どもの貧困についてなど政権交代の中での状況を懇談しました。日本との共通点も多く有意義な懇談となりました。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年4月号 3月20日発売
特集 教師になったあなたへ2019    
教師として生きるあなたへ……中嶋哲彦(名古屋大学)
ともに学び合う仲間に……檀原毅也(全教書記長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.