全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【行動】2011/09/29~30
台風12号被害の和歌山・奈良両県に全教から調査団
 9月2日から3日にかけて日本列島を縦断した台風12号は、全国で100人を超える死者・行方不明者を出し、学校や家屋の損害も広範囲にわたり、避難生活を余儀なくされている人たちも多くいます。
 全教は9月29日と30日、甚大な被害を受けた和歌山・奈良両県に現地調査団として役職員を派遣し、義援金を当該教組に渡し、現地の調査を行いました。

添付ファイルなし

 奈良県を訪問した調査団は、職員住宅が流されて英語講師が犠牲になった天川中学校を訪問し、教職員からの聞き取りも行いました。職員住宅が流された翌日の4日(日)に緊急職員会議がもたれましたが、その最中に下流で土砂崩れがあったために堰止め湖になってしまい学校は2階まで水没したそうです。学校再開のめどはたたず、遠隔地の生徒のために教員が近くまで足を運んで授業を行っている地域もあります。
 和歌山県を訪問した調査団は、児童3名が犠牲になった市野々小学校を訪問しましたが、全校児童40名は勝浦小学校へスクールバスで通学していました。同地域内のみくまの支援学校と県立高校では、国道が通行止めになっているため、いまだに通学できない生徒もいます。
 両県の教職員は昼夜分かたず奮闘していました。特に学校事務職員は、備品の帳簿整理や転校手続きなどで忙殺されている状態でした。土日を中心に、教職員組合や災害対策本部などが呼びかけてボランティア活動なども行われています。全教は、両県を含めた被災地へのカンパを募っています。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
新型コロナウイルス感染症 全教のとりくみ
3000万署名はこちら
めざせ20学級
動画:学習資料
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年8月号 7月20日発売
特集 教科書―どう選び、どう使う?
〈インタビュー〉教科書が子どもの手に届くまで―編集、検定、採択のしくみをさぐる……俵 義文(子どもと教科書全国ネット21代表委員)、村木一好(教科書編集者)、宮崎令子(埼玉・元小学校教員)
共同のとりくみを広げ、子どもたちによりよい教科書を……有馬理江子(教組共闘連絡会事務局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.