全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【要請】2011/12/21
民主党あての緊急要請書(731組織・団体分)を提出
 全教は、12月21日、2012年度政府予算編成の最終盤にあたって、少人数学級の前進や給付制奨学金など、国民の切実な要求を予算に盛り込ませるため、民主党の努力を求める緊急要請をおこないました。要請には、今谷賢二書記長、波岡知朗中央執行委員、土方功中央執行委員が参加し、民主党の陳情・要請窓口である企業団体対策委員長の池口修次参議院議員が対応しました。




 全教は、14日夜に各構成組織へ緊急要請書のとりくみを提起し、各都道府県組織や支部、分会から連日要請書のファックスが届き、日数のない中で21日10時までに731組織・団体となりました。要請書の綴りを受け取った池口議員は「(全教の申し入れ内容は)私たちと方向は同じ」「予算は通せても、法案は我が党だけでは通せないのが実情である」と回答しました。今谷書記長は改めて小学校2年生の35人学級実現と高校無償化の継続等を強く要請しました。
 同日に、1次提出以降に届いた野田首相と安住財務大臣宛の要請書503組織・団体分を内閣府と財務省に届けました。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年10月号 9月20日発売
特集 教育はなぜ無償でなければならないか   
無償教育の現段階と「2018年問題」……三輪定宣(千葉大学名誉教授)
条件付きの「平等」の外で就学支援金制度から排除される朝鮮高校生……柏崎正憲(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会事務局)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.