全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【行動】2013/11/26
「高校無償化廃止法案」の廃案を求める11・26緊急国会行動

 11月26日、参議院文教科学委員会で「『高校無償化法』の一部『改正』案」=「高校無償化廃止法案」の採決が強行されました。この法案を、参議院の委員会審議をたった1日で採決するという、まったく国民無視の国会運営で許されるものではありません。
 全教は26日、緊迫した情勢の下、「高校無償化廃止法案」の廃案を求める緊急国会行動を行いました。

DSC_4610

添付ファイルなし

 行動には、全教・教組共闘の全国各組織から100人以上が結集し、朝9時から参議院議員会館前で、終日座り込み抗議行動、参議院文教委員会の傍聴、強行採決後は抗議集会を行いました。採決後の講義集会では、日本共産党の田村智子参議院議員が、「高校無償化以前、東京などは授業料が11万8800円を上回っていた。授業料をとるようになれば就学支援金との差額分を全員が払うような事態が生じるなど、審議しなければならないことがいっぱいある。こんな形での採決は許せない。一番許せないのは、下村大臣が『子どもを高校に通わせるのは親の自己責任だ』と、この法案が自己責任論に立ったものであることを明らかにしたこと。決して財務省のせいではない。文科省の本気さがない。必要ならば、どうして増額要求しないのか」と怒りの報告をおこないました。
 全教は引き続き、抗議行動や文科省への要請などにとりくみます。また、本日午前中の衆議院国家安全保障特別委員会において強行採決された「秘密保護法案」とあわせ、両法案とも廃案に追い込むまで奮闘する決意です。

DSC_4703



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年12月号 11月20日発売
特集 日本語指導が必要な子どもの“育ち”を保障する
誰も置き去りにしないために―外国人の子どもの育ちをめぐる日本の諸課題……河かおる(滋賀県立大学)
「日系ブラジル人でいいんだ」 3歳で日本にやって来て……南崎サラ小百合(大学生)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.