全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【会議】2014/10/26
2014年度全教青年部委員会が開催されました
 10/25(土)~26(日)、2014年度全教青年部委員会が開催されました。代議員・傍聴・常任委員などを含め60名弱の参加者が、各組織の様子を語りあい、活動を交流しました。
9e6780d1002e55e2c9cfb34569dd195abb0677e0std[1]

添付ファイルなし

 今年度の青年部委員会は、全教として新たな加盟組織を迎えるとともに、複数の組織から青年部を結成したという報告が語られ、いつにも増して活気あふれる委員会となりました。
 討論では、リード発言として北海道高の青年部交渉のとりくみと、都障教組の平和・憲法を学ぶとりくみの2つが紹介されました。それに続き、各組織からは青年部交渉のとりくみや仲間とつながるとりくみ、多忙化の現状の悩みなどが青年の言葉で率直に語られました。
 参加者からは、「青年部のとりくみのアイデアをたくさん知ることができた。学習会、交流会を通して青年層の拡大に取り組みたい」、「県は違うけれど、青年同士、悩みは共通することも多いとわかった」、「(組合に入って世界が広がったなぁ)と思う2日間だった」という感想が寄せられました。
 青年部委員会では、2014年度後半期のとりくみについて、満場一致で議案が採決されました。
今後、青年部としては各組織に青年部の結成を呼びかけるとともに、交渉のとりくみや、つながりを大事にした学習会の開催などにとりくんでいく予定です。
2



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年11月号 10月18日発売
特集 ありのままを受けとめて 子どもの権利条約30年
国連子どもの権利委員会「日本政府第4・5回統合報告に関する最終所見」をどう受けとめるか……児玉洋介(子どもの権利条約市民・NGOの会/東京総合教育センター所長)
遊びは子どもの主食です―遊びのエネルギーの歪みと解放の先に……神代洋一(少年少女センター全国ネットワーク)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.