全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【会議】2015/06/28
「全教第51回中央委員会」を開会
 全教は6月28日、東京都内で第51回中央委員会を開催しました。2月に開催された定期大会以降のとりくみの経過と、「戦争法案」阻止、「組織建設3か年計画」など、次回10月の中央委員会までの当面する情勢の特徴、運動の重点課題を論議しました。
06.28-1

添付ファイルなし

 中央委員会の冒頭、蟹沢昭三全教中央執行委員長のあいさつでは、「戦争法案」、「戦争する国」づくりにむけた安倍「教育再生」、「組織建設3か年計画」の3点にふれ、「大幅な会期延長という、国民世論に追い詰められた政府が、なりふり構わずに『戦争法案』の成立に血眼をあげるというきわめて重大な情勢の下、全教が文字どおり一丸となって、すべての教職員とつながり合い、すべての学校職場からのたたかいの総決起をかちとり、『戦争法案』を廃案に追い込もう」と語りました。
 討論では33本の発言のうち21本が「戦争法案」廃案をめざす運動の高揚を伝えるものとなりました。全教千葉からは、「今、『戦争法案』反対の声をあげなければ全教千葉の存在意義はない」と力強い発言がありました。また、「全国教職員投票」のとりくみについて、「真っ当な感覚の職場の反応に、自分の方が勇気づけられた」(大教組)、「意思表示カードを思い切ってお願いしたら、他の人にも頼んでくれた」(全教滋賀)など、組合員からの感想を紹介しました。
「戦争法案」のたたかいが、組合員、職場を元気づけ、「組織建設3か年計画」のとりくみに結びついていることも明らかになりました。岡山高教組からは、「今、組合に入らないと後悔すると思った。この情勢のもと自分は何をすればいいのか、その答えのひとつが高教組の仲間入りをすること」と、組合加入者の手記が紹介されました。
06.28-3

 中央委員会は、「当面の闘争推進に関する件」など9つの議案を決定し、「『戦争法案』の廃案を強く求める」の特別決議を採択し、蟹澤昭三中央執行委員長の団結ガンバローで全日程を終えました。



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年12月号 11月20日発売
特集 自分を生きるということ-多様な生き方をささえる-     
自分らしく生きることを支える教育・学校・社会とは……山下雅彦(東海大学九州キャンパス教授)
学校よ、がんばろうぜ!……松島義一(株式会社未来図代表取締役)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.