全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【集会】2017/09/28
高校教育研究委員会 2017年度 第2回公開研究会

高校次期学習指導要領について

~すべての高校生の学び・成長を保障する高校教育を~

 

■日時:10月14日(土)17001900

■会場:全国教育文化会館 7F会議室

■報告者:植田健男さん(名古屋大学教授)

          佐々木准さん(大東学園高等学校教頭)

高校教育研究委員会 2017年度 第2回公開研究会チラシ


添付ファイルなし

文科省は2017年度中に高校次期学習指導要領を告示するとしています。すでに改訂された小学校・中学校と同じ流れに沿った改訂がおこなわれるものと考えられます。政府・財界が求める「グローバル人材育成」をすすめるため、高校・大学教育とその間をつなぐ大学入試を一挙にかえようとしています。そのため学習指導要領の改訂も英語教育の「強化」を求めています。同時に、新科目「公共」を通じて、小中学校の「特別の教科 道徳」と同様に特定の価値観を押し付け、「戦争する国づくり」をすすめるねらいを鮮明にしています。これに対し、目の前の子どもたちの実態から出発して教育課程づくりをすすめることがきわめて重要となります。

では、いま何がもとめられているのでしょうか。一つひとつの学校から教育課程づくりすすめるために、私たちは何を考えなければならないのか。また、高校生や保護者、地域とともに開かれた学校づくりをすすめる上でも教育課程づくりを視野に入れた実践が求められています。理論と実践を学び、大いに議論し、今後のとりくみにつながる研究会としましょう。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年11月号 10月18日発売
特集 ありのままを受けとめて 子どもの権利条約30年
国連子どもの権利委員会「日本政府第4・5回統合報告に関する最終所見」をどう受けとめるか……児玉洋介(子どもの権利条約市民・NGOの会/東京総合教育センター所長)
遊びは子どもの主食です―遊びのエネルギーの歪みと解放の先に……神代洋一(少年少女センター全国ネットワーク)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.