全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【集会】2018/06/20
高校教育研究委員会 2018年度 第1回公開研究会

改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育を!

~すべての高校生の学び・成長を保障する高校教育を~

■日時:6月23日(土)17301930

■会場:全国教育文化会館 1階全教共済会議室

■報告:福岡公俊さん(元首都大学東京非常勤講師)

■報告:横出加津彦さん(和歌山県立粉河高校教員)



添付ファイルなし

330日、高校学習指導要領が改訂されました。昨年の幼稚園、小中学校の改訂と同様、国が定める「資質・能力」を子どもたちに押しつけ、指導方法や評価のあり方まで国で定めようとしています。

憲法が位置づけられていた公民科「現代社会」(必履修)が、高校の道徳教育の中核を担う「公共」に置き換えられ、幼稚園から高校まで一貫して特定の価値観を子どもたちに押しつけ、国・財界の思うままに働かせることができる「人材」育成をすすめようとしています。

高校教育研究委員会はこれまで改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育のあり方を考え、実践交流、討論してきました。今年度は、2022年度本格実施に向け、いっそう課題を鮮明にし、さらに実践的な討議をすすめていきましょう。




子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年8月号 7月19日発売
特集 小中一貫校・義務教育学校と子どもの育ち
〈インタビュー〉小中一貫校・義務教育学校と子どもの発達―つくば市の事例から……門脇厚司(つくば市教育長)
なぜ今、学校統廃合と小中一貫校・義務教育学校が押しつけられているのか?……山本由美(和光大学)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.