全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【集会】2018/09/14
高校教育研究委員会 2018年度 第2回公開研究会
改訂高校学習指導要領で英語教育はどうなる!?

■日時:1013日(土)17001930(予定)

■会場:全国教育文化会館 7階大会議室

■報告:江利川春雄さん(和歌山大学)

  ■報告:田村 元 さん(埼玉県立深谷商業高校)

高校教育研究委員会 2018年度 第2回公開研究会チラシ


添付ファイルなし

今年度、改訂小学校学習指導要領の移行措置が開始され、英語活動(34年生)や英語授業(56年生)があたかも本格実施であるかのように広がっています。

今年度の試行調査で多くの問題があった「全国学テ」の中学校英語は、来年度、悉皆調査されようとしています。

2020年度から始まる「大学入学共通テスト」では英語4技能を評価するため民間検定試験の導入がすすめられようとしています。高校1年生が対象となるため、英語の授業等で対応策をとる高校や検定に向けた準備をすすめる高校生が増えることが想定されます。

いま「グローバル人材育成」の名目で英語教育が大きく変質させられようとしています。小・中・高の改訂学習指導要領で、英語教育がどうなろうとしているのか、実践で乗り越える展望を語り合いましょう。

これまで高校教育研究委員会は、改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育のあり方について、実践交流・討論してきました。2022年度本格実施に向け、いっそう課題を鮮明にし、さらに実践的な討議をすすめていきましょう。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年7月号 6月20日発売
特集 高校教育に何が求められているか
高校教育はどこに向かうのか?……児美川孝一郎(法政大学)
いま「高大接続改革」で何がねらわれているのか……波岡知朗(全日本教職員組合書記次長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.