全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【交渉】2019/04/09
全教青年部文科省交渉
325日、全教青年部が文科省交渉を行いました。

青年部交渉


添付ファイルなし

 全教青年部は、各地の青年部の要求書を調べ、今年度は、長時間過密労働の是正に向けて、重点的に交渉を行いました。

「英語の専科が配置されてもTTという形で空き時間にならない」「各地で7時間授業案や朝の会の時間を分刻みに授業として組み入れる案が模索され、多忙化は深刻化している」とうったえました。部活動手当の問題では「準備や後片付けに要する時間を考えず、機械的に支給引き下げが行われている」「部活動後には公共交通機関や親の迎えを学校で待つ生徒を最後まで見届ける必要があるため、3時間ちょうどで終わらない」などの現状を訴えました。

 文科省からは英語専科の使い方は「TTではなく専科の形で」と回答がありました。部活手当の支給に関しては、ガイドラインは「生徒の部活動の活動時間」であり教職員の勤務時間と同列にはあつかっていないこと、「2700円に必ず下げなくてはならないというものではない」と回答がありました。

 青年教職員がいきいきと教育にとりくむことができる労働条件と教育条件の整備を速やかにおこなうことを文科省に求めるとともに、これらの青年教職員の声を学校現場に伝え、広く世論にうったえていきます。




子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年6月号 5月20日発売
特集 権利としての障害児教育―すべての子どもたちに豊かな学びを
一つ一つの峰を越えてきたから、今の困難・課題がある……竹沢清(あいち障害者センター)
障害児教育の劣悪な教育条件の実態と私たちの課題……佐竹葉子(全教障害児教育部長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.