全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【集会】2020/02/06
高校教育研究委員会 2019年度 第3回公開研究会

改訂学習指導要領を乗り越える主権者教育を!

~すべての高校生の学び・成長を保障する高校教育を~

《 テーマ 》数学教育・歴史教育が歪められていく…

 

■日時:2月29日(土)17:30~20:00

■会場:全国教育文化会館 全教共済1階会議室

■報告:田村 敏彦さん(長野県上田染谷丘高等学校)

■報告:河合美喜夫さん

          (元都立高校教員、中央大学特任教授、歴史教育者協議会)

   
高校教育研究委員会 2019年度 第3回公開研究会チラシ

添付ファイルなし

改訂高校学習指導要領によって各教科内容に多大な影響が出ることになります。これまで「公共」・「英語」について報告・討論してきましたが、今回は、「数学」と「歴史」について報告・討論します。

文科省は「新しい時代の初等中等教育の在り方について」を中教審に諮問し、高校教育について「普通科解体」や「文理統合」「STEAM教育」等の検討を求めました。「数学」や「理科」「理数」の内容に強い影響を及ぼすものと考えられます。いま高校数学がどのようになっているか、どのように変質させられようとしているか話し合います。

また、「歴史」については、必修科目「歴史総合」の問題が指摘されてきました。これまで必修としてきた「世界史」から、日本の近現代史と世界を2単位で学ぶものへ変えるばかりか、領土問題を強調し、政権の思惑を生徒に押し付けようとするものです。

こうした問題点を指摘しながら、では、現場でどのように“まともな教育”をおこなっていけばよいか、参加者で考えましょう。改訂学習指導要領を乗り越える実践をつくり出していきましょう。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
新型コロナウイルス感染症 全教のとりくみ
3000万署名はこちら
動画:学習資料
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年7月号 6月19日発売
特集 「ノーモア・ヒバクシャ」の声―世界へ、ともに未来へ
〈インタビュー〉いま、被爆者として伝えたいこと……木戸季市(日本被団協事務局長)
原子爆弾がもたらす真実……平田周(長崎市家族証言者)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.