全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ とりくみ紹介  全教のとりくみ 
全教のとりくみ詳細
【要請】2020/06/03
文科省に「学校再開にあたっての緊急提言書」を提出~「全教の提言」とともに~
 
 全教は6月3日、文科省に対し「学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校再開にあたっての緊急要請書」と「コロナ感染拡大から子どもを守り、豊かな成長・発達を保障するための全教の提言」を提出しました。

DSCN8180




添付ファイルなし

 525日に緊急事態宣言が全国で解除され、多くの学校が再開されています。各学校では、一人ひとりの子どもたちを受け止め、教育活動をすすめながら、感染拡大を防ぐために具体的な対策をとることが求められています。しかし、学校において必要な感染防止対策をとるには、いまだに多くの課題があります。同時に、教職員が感染拡大の起点とならないよう対策をとることも重要です。学校再開にあたり、各自治体や学校まかせにするのでなく、国の責任でその実状を把握し、十分な予算措置をおこない、緊急に必要な対策をとることが必要です。

 全教は、以上の観点から、「学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校再開にあたっての緊急要請書」を文科省に提出し、「すべての学校・学年で20人以下での少人数授業」などの感染拡大を防止するために必要な条件整備をおこなうとともに、必要な財政措置をおこなうことなどを緊急要請しました。同時に、5月20日に発表した「コロナ感染拡大から子どもを守り、豊かな成長・発達を保障するための全教の提言」を渡しました。

 要請行動には、宮下直樹中央執行副委員長、檀原毅也書記長、平尾行敏中央執行委員、佐竹葉子中央執行委員が参加しました。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
新型コロナウイルス感染症 全教のとりくみ
3000万署名はこちら
めざせ20学級
動画:学習資料
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年8月号 7月20日発売
特集 教科書―どう選び、どう使う?
〈インタビュー〉教科書が子どもの手に届くまで―編集、検定、採択のしくみをさぐる……俵 義文(子どもと教科書全国ネット21代表委員)、村木一好(教科書編集者)、宮崎令子(埼玉・元小学校教員)
共同のとりくみを広げ、子どもたちによりよい教科書を……有馬理江子(教組共闘連絡会事務局長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.