全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ 
全教のとりくみ
【行動】2008/12/21
「どの子もお金の心配なしに教育を受けられる教育予算を!」求め財務省前で座りこみ行動を実施!
 財務省原案が示された翌日の12月21日、財務省前で「私学助成の大幅増」「教職員定数増など教育予算増」などを求め、座りこみ行動を実施しました。この行動には、全国の教職員、父母、高校生ら約600人が参加。「学費を払える見込みもなく、卒業の7日前に辞めざるを得なかった」など、相次いでいる経済的な理由で辞めざるを得ない高校生たちの「学ぶことができなかった」思い、「お金の心配せず学校で学んでほしい」との子どもたちへの父母の願い、それらを支え「ゆきとどいた教育を実現しよう」ととりくむ教職員の思いが語られるなど、子ども・高校生の家庭をめぐる状況に、経済状況の悪化がさらに深刻な影を落としていることが、高校生や父母、現場の教職員の発言でつづられました。私学助成の大幅増や教育条件の改善のための教育予算の増額を求める教職員、父母、高校生たちの切実な願いが財務省前にあふれました。


写真:財務省前に座り込む参加者


【集会】2008/12/12
『ゆきとどいた教育をすすめる教育全国署名集約集会』を開催!
 ゆきとどいた教育をすすめる会は12月12日、教育全国署名集約集会を開催。この日集約された署名は1042万7638筆となりました。『全国3000万署名』以来、20回目を迎えたこの集会には全国から父母、教職員550人が参加しました。
 なお集会を前に参加者は、教育全国署名の紹介議員取り付け行動や文科省、総務省、教育関係団体への要請行動にとりくみました。また、集会後には財務省前での要求行動を実施し、「どの子もお金の心配なしに教育を受けられる教育予算を」「私学助成の大幅拡充」「国の責任による30人学級の実現」などを求め、参加者はゆきとどいた教育の実現をめざす終日の行動に全力で臨みました。


写真:全国から1042万7638筆を集約!


【集会】2008/12/12
第20回 ゆきとどいた教育をすすめる全国署名集約集会を開催!【アピール】
集会アピール

お金の心配なく、思う存分学びたい」
――教育予算を増やし、国の責任で私学助成の拡充を、30人以下学級の実現を――

 全国の父母・国民、教職員のみなさん。
 本日、全国各地で約半年間にわたってとりくまれた、ゆきとどいた教育を求める全国署名(略称:教育全国署名)の集約集会を迎えました。今年度は本日の段階で1042万7638名分の署名が集約されています。


【集会】2008/12/12
第20回 ゆきとどいた教育をすすめる全国署名集約集会を開催!【基調報告】
「第20回 ゆきとどいた教育をすすめる全国署名集約集会」基調報告
 

2008年12月12日
 
1.20年間の歴史に立つ運動の発展 
 
 1989年9月25日、全日本教職員組合の前身の教職員組合全国連絡会、日高教、全国私教連の主催で「ゆきとどいた教育をすすめる父母と教職員の中央集会」が開催され、それまでの私学助成拡充を求める運動と35人以下学級実現などを求める運動とが合流し、子どもたちにゆきとどいた教育条件を求める運動として、3000万署名運動がスタートしました。

【行動】2008/12/11
教員免許更新制の廃止、当面する09年度からの実施凍結を!中央行動実施!
12・11中央行動を展開し、文科省に対して直接請願行動!

 全教と教組共闘は、12月11日、教員免許更新制の廃止、当面する09年度からの実施凍結を求めて中央行動を展開。この行動に、全国から約100人が参加し、関係団体や国会議員への要請を行うとともに、文科省に対して直接請願を行い約6万2000筆分(累計12万4333筆)の署名を提出しました。また、夜には全国教育文化会館にて「教員免許更新制廃止、当面2009年度からの実施凍結を求める中央集会」を開催し、150人が参加しました。


写真:文科省に向けてシュプレヒコールする参加者


【集会】2008/12/11
教員免許更新制の廃止、2009年度からの実施凍結を求める12・11中央集会を開催!【講演】①/2
※ 本稿は講演をもとに佐貫教授に加筆していただいたものです。
□■□ 教員免許更新制と更新講習について
 
――教員養成と教師の力量形成、そして大学の自治の視点から――

佐貫浩法政大学教授



【集会】2008/12/11
教員免許更新制の廃止、2009年度からの実施凍結を求める12・11中央集会を開催!【講演】②/2
はじめに 
 
1 混迷と矛盾を深める教員免許更新制

免許更新制度の根本的矛盾・混乱 
(1)「更新講習内容は、免許継続可能かどうかを判定するものではありえない」 
(2)「そういう研修であれば、そこに試験を持ちこんで、合格レベルを<S・A・B・C>に段階分けすることは全く意味がない」 
(3)「そもそも大学は、教師として適格か不適格かを判断する情報を持たず、そのような人権にかかわる評価制度に不可欠な異議申し立てシステムも設定されていない」 
(4)「大学の学問研究の自由、研究者の責任で内容を決めなければ積極的な意味はない」 
(5)「現場経験を蓄積してきた教員の研修として実質的に意味があるか――かえって時間と費用など多大な負担を現場教員に押しつけマイナス効果を生み出すもの」


【集会】2008/12/11
教員免許更新制の廃止、2009年度からの実施凍結を求める12・11中央集会を開催!【基調報告】
「教員免許更新制の廃止、2009年度からの実施凍結を求める112・11中央集会」基調報告


2008年12月11日
 
はじめに―あらためて教員免許更新制の重大な問題点について 
 
 2007年6月安倍内閣は、改悪教育基本法の具体化としての教育改悪3法を強行し、教育職員免許法を改悪し、教員免許更新制を導入しました。改悪教育基本法のねらいは、教育に対する時の政府のコントロールを強め、「愛国心」をはじめとする徳目を子どもたちに押しつけ、「『戦争する国』の人づくり」をすすめることにあります。

【行動】2008/12/11
教員免許更新制の廃止、当面する09年度からの実施凍結求め文科省に直接請願!
全国の職場を代表して全教・教組共闘の参加者が訴え! 
 
 憲法第16条及び請願法の規定にもとづく文科省への直接請願には、全教・教組共闘から米浦全教委員長はじめ12人の代表が参加し、全国の職場の声を文科省へ届けました。


写真:文科省に全教・教組共闘の代表が直接請願



【集会】2008/11/29
父母・地域との共同ひろげようと11・29地域教育運動交流集会を開催!
 子どもと教育に関わる父母、地域と教職員の共同のとりくみを交流し、地域のネットワークや懇談会を広げていこうと、「ひろげよう 父母・教職員・地域の共同」11・29地域教育運動交流集会を開催し、父母・市民、教職員約100人が参加しました。

496記事 最近の記事 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年9月号 8月21日発売
特集 増え続ける臨時・非常勤教職員 
教育現場における非正規雇用の拡大は何をもたらしているか……中西新太郎(関東学院大学)
文科省の臨時・非常勤教職員政策と私たちの運動課題……波岡知朗(全教臨対部)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.