全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ 
全教のとりくみ
【行動】2008/07/17
公務員賃金改善、公務・公共サービスの拡充求め!08夏季闘争7・17中央行動を実施!
 「公務員賃金改善」「臨時・非常勤職員の均等待遇実現」「労働時間短縮など労働条件の改善」「最低賃金の目安額引き上げ」などの諸要求をかかげ、08夏季闘争7・17中央行動を展開しました。主催は、公務労組連絡会、全労連、国民春闘共闘など。



【集会】2008/07/11
国の責任による少人数学級実現、私学助成拡充めざして! 第20回教育全国署名スタート集会を開催!
 ゆきとどいた教育をすすめる会は、教育予算増額でお金の心配なく学べる社会!」を求め、「第20回ゆきとどいた教育を求める全国署名スタート集会」を東京で開催。約430人の父母、教職員がつどい、今年の全国署名にむける決意を固め合いました。


【行動】2008/07/11
第20回教育全国署名スタート集会【呼びかけ人あいさつ】
三輪 定宣(千葉大学名誉教授) 
 
 日頃のご奮闘と本日のご参加、本当にご苦労さまです。
 この教育署名集会、運動はたいへんユニークです。なぜかというと少人数学級あるいは私学助成など教育の土台である教育条件の整備を中心にして、それを教育的な価値としてとらえ、その確立をめざすというところに大きな特徴のある運動として、この20年間続いてまいりました。

【発表】2008/06/24
全教青年部が青年教職員に対するハラスメント調査結果を発表! ハラスメント被害者への緊急の対応を!
管理主義・競争主義的な「教育改革」を強権的にすすめる東京、大阪で突出するハラスメント!

 全教青年部は6月23日、2007年11月から08年3月にかけて行った「青年教職員に対するハラスメントについての調査」の結果を公表しました。


【行動】2008/06/23
実情に見合った「へき地等学校の級別指定基準」の見直しを求める要請行動を展開!
 文科省は、「へき地等学校の級別指定基準」の見直しに向けて、全国で「へき地学校現状調査」を実施し、準備をすすめています。今回の見直しは1988年以来、20年ぶりとなります。
 全教は6月23日に、実情に見合った「へき地等学校の級別指定基準」の見直しを求め、文科省や国会議員への要請行動を実施するとともに、議員会館内で「へき地教育の充実を求める院内懇談会」を開催。北海道、東京、島根、長崎から離島に勤務する教職員らが参加しました。

【要請】2008/06/06
教育予算を子ども中心へと抜本的に切り替え増額を
教育予算の増額を求める署名 2503団体分を提出!

経済財政諮問会議に2503団体分の署名

 全教・教組共闘は6月6日、経済財政諮問会議に対し、「2009年度政府予算において教育予算等の増額を求める署名」2503団体分を届け、「教育予算を子ども中心へと抜本的に切り替え増額すること」などを求めました。


【行動】2008/05/30
なくせ貧困!ストップ改憲!5・30総決起集会を開催! 全教憲法署名9万3855筆を提出!
守り活かそう憲法!さらに運動広げよう!
全労連全体で138万305筆、全教は9万3855筆を提出! 
 
 なくせ貧困!ストップ改憲!5・30総決起集会で主催者あいさつした坂内三夫全労連議長は、「この集会は、憲法全国キャラバンの集結集会として、憲法25条にもとづく最低賃金の確立、労働者派遣法の改正、後期高齢者医療制度撤回を求める5・30中央決起集会として――早朝からの宣伝行動、厚労省・人事院前行動、経済3団体への要請行動に次いで本集会は開催されている」と述べ、「労働者や国民のたたかいによって世論と政治を動かし、要求を前進させることができる新しい社会、新しい時代を切り開くことが出きる。その展望がもっとも大きく広がって入る」と情勢の特徴を述べました。


【行動】2008/05/30
なくせ貧困!ストップ改憲 5・30中央行動(公務第1次中央行動)を展開!
全教憲法署名9万3855筆を提出!

全教・教組共闘が意思統一集会を開催 運動に確信持ち強めよう! 
 
 全教と教組共闘は、この日の行動に先立ち衆議院第2議員会館で意思統一集会を開催しました。


【行動】2008/05/30
なくせ貧困!ストップ改憲!5・30総決起集会【連帯あいさつ】
【連帯あいさつ】 小森陽一(九条の会 事務局長・東京大学教授) 
 
 みなさんこんにちは。いま紹介にあずかりました小森です。
 先ほど穀田さんがおっしゃったように4月8日の読売新聞の世論調査では、15年ぶりに、憲法を変えない方がいいという人が、変えた方が良いという人を上回ったという世論調査の結果が出ました。

【ILO】2008/04/22
ILO・ユネスコ共同専門家委員会(CEART)調査団が来日!
全教、都教組・都障教組から事情調査

 全教がILO・ユネスコに申し立てた指導力不足教員問題と教職員評価制度の導入の問題で、CEARTは4月21日から来日調査を開始し、4月22日午後には全教本部、都教組・都障教組から事情調査を実施しました。
489記事 最近の記事 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年5月号 4月20日発売
特集 ジェンダー平等と教育の課題  
ジェンダー平等とは何か?学校におけるジェンダー平等教育の課題を考える…… 田代美江子(埼玉大学)
CEDAW勧告から、日本のジェンダー平等を考える…… 長尾ゆり(全労連女性部長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.