全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシーお問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ 
全教のとりくみ
【行動】2008/03/05
文科省包囲・要求行動で義務特手当削減中止を迫る! 「義務特手当て削減中止を求める要請」署名4万2675筆分を文科省に提出
 全教と教組共闘は3月5日、人事院・厚労省前での要求行動(「08春闘勝利3・5中央行動」)に先立つ11時、義務特手当削減中止を求めて文科省包囲・要求行動を実施。全教と教組共闘の参加者約200人が「教職員の賃金の差別化と引き下げは、断じて認められない」と文科省に迫り、「義務特手当て削減中止を求める要請」署名4万2675筆分を文科省に提出しました。


【行動】2008/03/05
人事院・厚労省に向けての要求行動参加者を落語家の林家木久扇、木久蔵さんが激励!
「08春闘を最後まで団結を固め勝利に向けて奮闘しよう」と全労連議長

 12時10分から人事院・厚労省前で開催された要求行動で主催者あいさつした坂内三夫全労連議長は、08春闘について、長年にわたり抑えられていた金融労働者の初任給の引き上げを18行で決めたこと、「参議院選挙後に国民の要求と運動が政治を動かすという新しい変化が生まれている」こととして、住宅本体にも適用させる災害被災者生活再建支援法の改正や、薬害C型肝炎での被災者全員の救済に道を開く救済法を成立させたこと、後期高齢者医療制度でも野党共同の廃止法案が衆議院に提出されたことなどを示し、「たたかえば前進するという条件が広がっている」と強調しました。



【行動】2008/03/05
08春闘勝利!3・5中央行動 人事院・厚労省を皮切りに総務省など省庁への要求行動に3500人
 全労連と国民春闘共闘、公務労組連絡会は、08春闘勝利に向けて3月5日、「08春闘勝利3・5中央行動」を実施。東京・霞が関の人事院・厚労省前での要求行動を皮切りに、総務省や行革推進本部など各省庁への要求行動を展開しました。また、公務労組連絡会は、三宅坂ホールにて「公務労働者08春闘勝利総決起集会」を開催し、春闘勝利に向けた公務労働者の総決起に向け意思統一しました。行動参加者は、その後国会請願デモを行い、街行く人にアピールしました。

【行動】2008/02/22
ゆきとどいた教育求めて教育全国署名を国会に提出!
 ゆきとどいた教育をすすめる会は2月22日、教育全国署名(「全国3000万署名」を改称)を国会に提出。今年度の提出数は1153万9146筆となりました。衆議院議員面会所前では、駆けつけた日本共産党、民主党の国会議員へ署名を託しました。


【行動】2008/02/13
「なくせ貧困!2・13総行動」 全国から参加の6000人が省庁など包囲
 「なくせ貧困!」を合い言葉に2月13日、中央省庁の立ち並ぶ東京・霞ヶ関、永田町で「なくせ貧困!2・13総行動」が開催され、約6000人が全国から参加しました。
 この行動は、08年度予算が国会で審議されている時に、大企業「一人勝ち」の社会でなく、みんなが幸せになる社会を求めて全労連・春闘共闘などに結集する労働組合、民主団体が共闘して実施したものです。

【行動】2007/10/15
教科書検定意見撤回を求める10・15総決起集会を開催!
 教科書検定意見撤回を求める10・15総決起集会を開催!教科書検定意見の撤回をもとめ、10月15日に沖縄から2度目の要請団(約170人)が上京。仲里利信実行委員長(県議会議長)ら代表11人と県関係の国会議員が首相官邸で大野松茂官房副長官と会談。政府・文科省に対し、県民大会に11万6000人が結集するに至った沖縄県民の怒りを示し、教科書検定意見の撤回と記述の回復を求めました。


写真:県民大会の要請団は、高校生が「教科書に真実を」「嘘はかかないで」などと書いた寄せ書きを手に決意を述べた



【行動】2007/10/15
教科書検定意見撤回を求める10・15総決起集会【ひめゆり学徒の沖縄戦体験】
【ひめゆり学徒の沖縄戦体験】 上江田 千代(東京沖縄県人会 ひめゆり同窓会東京支部副会長) 
 
 みなさまこんばんは。ただいま紹介いただきました。元ひめゆり学徒の上江田千代と申します。今日は、この意義ある集会に私の戦争体験を話す機会を与えてくださいまして、関係者のみなさまに御礼申し上げます。


【行動】2007/10/15
教科書検定意見撤回を求める10・15総決起集会【中央団体からの決意表明】
【中央団体からの決意表明】 米浦 正(全日本教職員組合 中央執行委員長) 
 
 全教委員長の米浦です。
 私は、この問題の政治的な背景を考えてみたいと思います。
 「自国の歴史を貶める自虐史観からの脱却」――これを会の目標とする『自由主義史観研究会』。これが発足したのが1995年であります。教科書攻撃の大キャンペーンがはられてきました。

【行動】2007/09/30
教科書検定意見撤回を!9・30学習交流集会【講演】前半
【講演】  山口 剛史(琉球大学教育学部 准教授) 
 
 みなさん、おはようございます。ご紹介いただきました山口です。
 ここまでの運動の到達と今後の運動の課題を紹介させていただくことと、問題のいわゆる政治的な背景を含めた部分をかいつまんでご紹介し、その後の各県交流でその中で疑問等も出していただければと思います。

【行動】2007/09/30
教科書検定意見撤回を!9・30学習交流集会【講演】後半
教科書の歪曲はどういう流れで起こってきたか 
 
 そもそもこの教科書の歪曲の問題が、どういう流れで起こってきたのかということを一応おさらいがてら話したいと思います。

496記事 最近の記事 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年11月号 10月20日発売
特集 支援?介入?「家庭教育支援法案」    
教育基本法「改正」から読み解く家庭教育支援法案の問題点……二宮周平(立命館大学)
子どもを産み育てられない社会を変えていくために……杉田真衣(首都大学東京)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.