全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話 
声明・見解・談話
【談話】2019/03/14
安倍政権による教科書への介入や地方自治体に対する自衛官募集への協力強要を許さず、青年を戦場に送り出す9条改憲を阻止しよう
全教は、314日、標記の書記長談話を発表しました。



【談話】2019/03/07
子どもたちに基地のない平和な沖縄を手渡すために、安倍首相は沖縄県民投票の結果を重く受けとめ、辺野古新基地建設を直ちに中止せよ
全教は、37日、標記の書記長談話を発表しました。



【談話】2019/02/01
「1年単位の変形労働時間制」に道を開く中教審答申と「公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン」に強く抗議し、教職員の長時間過密労働解消のための教職員定数の抜本的改善など実効ある措置を求める

全教は、21日、標記の書記長談話を発表しました。





【談話】2019/01/23
文化庁「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」の発表にあたって

全教は、1月23日、標記の書記長談話を発表しました。





【意見】2019/01/09
全教常任弁護団、中教審「学校における働き方改革答申素案」に対する意見書を発表

全教常任弁護団は、1218日、下記の意見書を発表するとともに、文科省に提出しました。

 ・「1年単位の変形労働時間制」導入提案の撤回を求める

 ・長時間労働の実態を直視し、給特法改正を含む抜本的対策を求める




【談話】2018/12/26
2019年度政府予算案の閣議決定にあたって  大軍拡と財界の求める「グローバル人材」育成のための予算から、憲法と子どもの権利条約にもとづき、子どもたちが安心して学べる教育予算への抜本的な転換を

全教は、1226日、標記の書記長談話を発表しました。




【意見】2018/12/12
中教審「働き方改革答申素案」および「働き方改革ガイドライン案」に関するパブリックコメントを提出

全教は、1212日、標記のパブリックコメントを提出しました。



【行動】2018/11/22
文化庁「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(素案)」に関する全教の意見提出

 1114日、全教は、文化庁の「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(素案)」について、意見をまとめ、文化庁に提出しました。



【談話】2018/10/19
中教審「学校における働き方改革特別部会」の「意見のまとめ及び今後の方向性」に関わって
1年を単位とする変形労働時間制の導入ではなく、長時間過密労働の実効ある解消策の策定を強く求めます

全教は、1019日、標記の書記長談話を発表しました。




【談話】2018/10/05
憲法の精神に反する柴山文科大臣の教育勅語容認発言の撤回と、柴山文科大臣の即時辞任を求めます
全教は、105日、標記の書記長談話を発表しました。


383記事   [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] 過去の記事

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年4月号 3月20日発売
特集 教師になったあなたへ2019    
教師として生きるあなたへ……中嶋哲彦(名古屋大学)
ともに学び合う仲間に……檀原毅也(全教書記長)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.