全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【ILO】2008/04/22
ILO・ユネスコ共同専門家委員会(CEART)調査団が来日!
全教、都教組・都障教組から事情調査

 全教がILO・ユネスコに申し立てた指導力不足教員問題と教職員評価制度の導入の問題で、CEARTは4月21日から来日調査を開始し、4月22日午後には全教本部、都教組・都障教組から事情調査を実施しました。

 CEARTが調査団を派遣するのは前例がなく、全教からの事情調査に先立ちあいさつしたマーク・トンプソン博士は、「精力的なとりくみをすすめる全教に会えてうれしい。今回の調査はCEARTにとっても大きな出来事だ。全教と日本政府からの調査団派遣の要請はILO・ユネスコ『教員の地位に関する勧告』への大きな関心を示しており、賞賛に値する」と述べました。また、「調査結果は委員会に報告し、その報告書の扱いはこの秋にも決定される」と今後の見通しについて説明しました。
 
 事情調査の冒頭、全教の米浦正委員長は、「ILO・ユネスコが調査団を派遣し、問題解決に向け積極的行動に踏み出したことに敬意を表するとともに、調査団の来日を心から歓迎する」とあいさつし、「子どもたちの教育を大切なものと考えるがゆえに、それにふさわしい教員の地位を確立していくべきであるとの精神が盛り込まれた『教員の地位に関する勧告』の適用を監視・促進するCEART調査団が来日することは、子どもと教育の発展にとって大きな意義がある。実績給や報奨給制度は、新自由主義的な教育政策を採用している各国の共通の傾向であり、日本だけでなく諸外国の教職員と教職員組合にとっても価値ある調査活動になることを期待する」と発言しました。
 
 ヒアリングの中では調査団から、教職員組合と教育行政の協議の実施状況、指導力不足教員問題にかかわる文部科学省作成のガイドラインの評価、初任者研修の実施状況、教員評価の方法などについての質問が出され、全教の考えを説明しました。


《関連項目》

■全教のとりくみ
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【大会】2012/02/18~19 父母・国民とともに憲法に立脚した民主教育を 全教第29回定期大会を開催
【集会】2012/01/14,15 2012春闘で国民的な共同のたたかいをすすめよう ~全教が生活権利討論集会を開催~
【会議】2011/10/14 全教第43回中央委員会開催
【行動】2010/11/07~12 公務員の労働基本権に関する全労連オーストラリア調査に参加

■声明・見解・談話
【談話】2011/06/03 国家公務員制度改革関連四法案の閣議決定にあたって談話を発表
【意見】2010/04/21 北海道における「教職員の服務規律等の実態に関する調査」について全教常任弁護団が意見書を発表
【声明】2010/02/12 全教声明「CEART第10回会議の到達点と勧告について」を公表
【見解】2009/03/03 『CEART勧告をめぐるとりくみの到達点について~ILO・ユネスコへの訪問を踏まえて~』
【声明】2008/12/17 『実情調査を踏まえたCEART勧告について』

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年6月号 5月20日発売
特集 権利としての障害児教育―すべての子どもたちに豊かな学びを
一つ一つの峰を越えてきたから、今の困難・課題がある……竹沢清(あいち障害者センター)
障害児教育の劣悪な教育条件の実態と私たちの課題……佐竹葉子(全教障害児教育部長)
 
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO
バックナンバーのご案内
月刊『クレスコ』
2009年2月号 1月20日発売
特集:世界は日本の教育をどう見たか――ILO・ユネスコ来日調査報告・勧告を読む
購読申し込み バックナンバー
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.