全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ はじめに 全日本教職員組合(全教)とは 
はじめに 全日本教職員組合(全教)とは

 全日本教職員組合(全教)は、公立、私立の学校をはじめ、すべての教育関係機関で働く教職員でつくる教職員組合です。1991年3月6日に結成されました。

 憲法や子どもの権利条約にもとづく教育の推進、平和や民主主義の擁護、貧困や格差の拡大から子どもと教育を守るとりくみ、教職員の労働条件の改善やはたらくルールの確立、国民生活の改善などのとりくみをすすめてきました。

 子どもたちの意見、父母・国民との共同、教職員組合の共同を大切に、教育研究活動、教育条件整備の運動、学校づくり・地域づくりなどのとりくみを各地で行っています。





子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
 リーフ 署名
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2018年2月号 1月20日発売
特集 大切にしたい幼児期の育ち   
幼児期の子どもの成長・発達で大切なもの……大宮勇雄(福島大学)
「子ども・子育て支援新制度」のなかの幼稚園・保育園・認定こども園……実方伸子(全国保育団体連絡会)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.