全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【集会】2011/07/08
ひろげよう教育全国署名 ~2011年度署名スタート集会を開催
 全教なども参加する「ゆきとどいた教育をすすめる会」は7月8日、「ゆきとどいた教育を求める全国署名」(教育全国署名)のスタート集会を開催しました。
 スタート集会に先立って、全国からの参加者が3省庁(文科省・財務省・総務省)、3政党(日本共産党・社会民主党・民主党)、9団体(全国高等学校PTA連合会・全国知事会・全国公立学校教頭会等)に要請を行いました。




DSC08014
 オープニングで、和光高校チアリーディングサークルによるパフォーマンスが披露されて、明るくさわやかに開会しました。
 千葉大学三輪定宣名誉教授による「教育支援を柱に東日本大震災復興を」と題したミニ講演では、被災地・被災者の教育条件の優先的整備とともに、国難克服の基礎として国全体の教育条件の飛躍的整備の必要性が訴えられました。
 その後公立学校、私立学校の生徒や教職員から、ゆきとどいた教育を求める切実な発言と決意の表明がありました。「アルバイトしながら学費の工面をしている生徒がたくさんいる。給付型の奨学金の実現を強く望んでいる」(定時制高校生徒)、「復興計画に小中学校すべてで35人学級が盛り込まれた」(宮城県)、「子どもの権利条約28条で教育を受ける権利があるのに、バイトや家庭の都合で受けられない生徒がいる。自分たちで変えていきたい」(私立高校生)、「15年前に県議会で採択されて以来、運動をねばり強く積み重ねる中で、今年小中学校すべての学年で35人学級が実現した」(山口県)といった、参加者に感動と勇気を与える発言が続きました。
 集会の後半では、各県のとりくみへの決意と共に目標数が発表され、今年も元気よく全国署名がスタートしました。



《関連項目》

■全教のとりくみ
【要請】2012/10/24 国際人権規約保留撤回を受けて 全教が文科省に要請行動
【呼びかけ】2012/5/10 すすめよう「えがお署名」
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【行動】2012/03/02 ゆきとどいた教育を求める教育全国署名 3.2国会提出行動
【大会】2012/02/18~19 父母・国民とともに憲法に立脚した民主教育を 全教第29回定期大会を開催

■声明・見解・談話
【見解】2012/09/13 2013年度政府予算に対する文部科学省概算要求に対する見解を発表
【見解】2011/10/13 2012年度政府予算に対する文部科学省概算要求への見解発表
【声明】2011/01/07 全教中央執行委員会声明「2011年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」を発表
【見解】2010/09/07 2011年度政府予算に対する文科省概算要求について中執見解を発表
【声明】2010/07/13 少人数学級に向けて、中教審初等中等教育分科会が「提言」をとりまとめ  ―全教が、中央執行委員会声明を発表。30人学級実現、教職員定数の抜本的改善に全力

■署名・ビラ・資料
【署名】2013/04/18 えがお署名のとりくみをすすめよう!
【ビラ】2010/07/15 大きくすすめよう!教育全国署名
【署名】2010/07/15 教員免許更新制の即時廃止を!―署名を大きく広げましょう

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年4月号 3月19日発売
特集 2020 「せんせい」になるあなたへ
生命と生命のひびきあい……鈴木大裕(教育研究者・土佐町議会議員)
子どもたちとともに成長して……福岡篤紀(広島・元中学校教員)
座談会「私が『せんせい』になった時……」……(全教青年部)
 
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO
バックナンバーのご案内
月刊『クレスコ』
2009年11月号 10月25日発売
特集:待ったなし! 教育費無償化
購読申し込み バックナンバー
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.